朝日新聞社 どくしょ応援団朝日新聞社 どくしょ応援団
朝日新聞社: カジュアル読書~10代から20代向けの本や、著者によるイベントを紹介します。
作家LIVE エンタメ for around20 キャンパス発 気になる新刊 ブックマーク

 

バックナンバーはこちら
作家LIVE

 

近藤史恵さん 知らぬ世界、広がるロマン

 作家の近藤史恵さんを迎え、第17回「関西スクエア 中之島どくしょ会」(朝日新聞社主催)が7月中旬、大阪市北区の中之島フェスティバルタワーで開かれた。自転車ロードレースの世界を舞台にしたミステリーシリーズの新刊『スティグマータ』執筆の経緯や作家になったいきさつなどを語った。

◆ 自転車レース舞台の事件

近藤史恵さん=大阪市北区、滝沢美穂子撮影

近藤史恵さん
=大阪市北区、滝沢美穂子撮影

 『スティグマータ』は『サクリファイス』『エデン』に続くシリーズの長編。世界最高峰の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」を舞台に、主人公の日本人選手白石誓(ちかう)(愛称チカ)や、ドーピングの発覚で一時は出場停止となりながらも復帰した、かつての世界王者を軸に事件が展開する。

 そもそもシリーズの執筆は「自転車を買おうとしたのがきっかけ」と近藤さんは明かした。「調べ始めたら、自転車は形が美しいうえ、種々のパーツなど仕組みも面白い。そのうちロードレースがあると知り、ケーブルテレビのスポーツチャンネルでツール・ド・フランスなどを見始めたら、かっこいい選手もいて、過去のレースのDVDをフランスのアマゾンから取り寄せるほど、どっぷりはまりました」

 2年ほどしたら、『サクリファイス』の構想が「最初から最後まですっと降りてきて、書き始めた」という。「『エデン』もそうでした。でも『スティグマータ』は、書こうと思って構想を一から考えました」

 『スティグマータ』は近藤さんが「トリックや犯人捜しに凝るよりも、なぜ犯行に至ったかという動機の解明が好き」と言うように、登場人物の心理描写が緻密(ちみつ)に描かれる。レースのルールや自転車の構造に関する専門用語も頻出するが、意外にスルッと読めてしまう。

 「私はわからない語句が出てくるのが好き。知らない世界が広がっていくロマンがあるでしょう。自転車のパーツの名前が物語の進行に重要なら説明しますが、そうじゃなければ雰囲気だけ伝わればいい。説明すると、伏線じゃないか、覚えておかなきゃと読者に思われてしまう。説明がないとスルーしてくれる。それも読みやすさのうちではないでしょうか」

 作家になるまでの経緯にも話は及んだ。中学・高校時代は、泡坂妻夫、中井英夫、連城三紀彦ら「ちょっと耽美的(たんびてき)なミステリーにはまり、短いものを書いていた」という。高校のとき、当時小劇場ブームだった演劇に熱中。大学では歌舞伎を研究する傍ら一時期、劇団で役者の経験も。「他に短歌や詩もつくっていました。大学時代は周りを含め、何かをやってやろうという感じがありましたね」

 卒業後は、呉服チェーン店に就職。「拘束時間が長く、休憩が2時間半もあるんです。その時間に綾辻行人さんや有栖川有栖さんら新本格ミステリーを1日1冊ぐらい読んでいました。そのうち自分も書こうと思って書き始めたのが『凍える島』。作家になりたいと思ったのは『凍える島』を鮎川哲也賞に応募したときです」

 専業作家になれたのはデビュー後数年経ってからという。「それまでいろんなアルバイトをしました。『清掃人探偵キリコ』シリーズのように清掃作業員もやりましたよ。そのときのいろいろな見聞がシリーズ執筆に役立ちました」

 多くのシリーズものを手がける近藤さん。執筆スケジュールの調整については「作品は書き終わったら忘れます。いったん頭から追い出さないと次が書けない。新作に取りかかるときには、旧作を一から読み直します。『主人公の名前、何だっけ?』ということもしばしば」と笑う。

 チカこと白石誓が主人公の自転車ロードレースのシリーズの今後についてはこう語った。「チカが引退するところは書こうと思っています。次か、その次かはわかりませんが。最終レースのやめる瞬間を小説にしたらドラマチックで面白いと思いますよ」

(聞き手・野波健祐、文・池田洋一郎)



▲このページのTOPへ

 

スティグマータ

『スティグマータ』
[著 者] 近藤史恵
[出版社] 新潮社
[価 格] 1,620 円

凍える島

『凍える島』
[著 者] 近藤史恵
[出版社] 創元推理文庫
[価 格] 713 円


 ▼プロフィール
 こんどう・ふみえ
 1969年、大阪府生まれ。大阪芸術大卒。93年、デビュー作『凍える島』で鮎川哲也賞、2008年に『サクリファイス』で大藪春彦賞受賞。
歌舞伎界やフランス料理のレストランを舞台にした数多くのシリーズを手がける。大阪府在住。


▲このページのTOPへ

 

朝日新聞 インフォメーション 通常版 ベルマーク版