朝日新聞社 どくしょ応援団朝日新聞社 どくしょ応援団
10代の読書 ブックサーフィン
10代、こんな本に出会った 時代を読む この3冊 キャンパス発 気になる新刊 読書クラブ通信 ひとりごと

 

バックナンバーはこちら
時代を読むこの3冊

【新たな価値観と出会う】 津田大介

津田大介

 ネットの普及で我々は好きな情報をいつでも検索して得られるようになりました。その半面、嫌いなものや価値観を受け入れず、ネットで攻撃する人も増えています。

 世界には様々な国があり、そこには多様な文化や価値観、仕事が存在します。それを知ることで考え方を柔軟にし、自分の将来の可能性を広げる――東浩紀さんの『弱いつながり』(幻冬舎)は、その重要性をわかりやすく教えてくれる本です。同書で東さんは普段思いも付かないキーワードでネット検索することを勧めています。旅先で興味を持ったものを検索したり、本屋に行ってたまたま手に取った本を読んでみたりする。そうすることで我々は「思いも付かないキーワード」を入手できるようになるのです。

 世の中には我々が知らないだけで面白い動きやユニークな人がたくさん存在します。それを知った時点で我々は新たな「キーワード」を獲得したことになるわけですね。佐久間裕美子さんの『ヒップな生活革命』(朝日出版社)は、そんなキーワードがこれでもかとばかりに詰め込まれた本です。米国で同時多発的に起きている新しい食や文化や新しい消費の波は、街に24時間営業のコンビニがあふれ、郊外のショッピングモールに通う便利な暮らしに慣れた日本人に驚きを与えるでしょう。

 そしてそれは我々にとって縁のない海外の話ではありません。島根県の離島・海士(あま)町にたくさんの若者が移り住んでまったく新しい町おこしに成功した体験談を本にした「株式会社巡(めぐり)の環(わ)」の『僕たちは島で、未来を見ることにした』(木楽舎)を読むと「ヒップな生活革命」が米国だけでなく日本でも同時多発的に起きていることがわかります。

 生きる目的が見つからない? 将来自分が何をすればいいかわからない? そんな悩みはいったん捨ててしまいましょう。若いうちにやっておくべきことはただ一つ、自分の知らない新しい価値観とできるだけ多く出会うことですから。「最近ワクワクが少なくて……」という人はこの3冊を読んでみてください。きっと何かを始めたくなるはずです。

(ジャーナリスト)


弱いつながり―検索ワードを探す旅

弱いつながり―検索ワードを探す旅   ■
東 浩紀【著】
[出版社]幻冬舎
[価 格]1,404円

ヒップな生活革命

ヒップな生活革命
佐久間 裕美子【著】
[出版社]朝日出版社
[価 格]1,015円


僕たちは島で、未来を見ることにした

僕たちは島で、未来を見ることにした
巡の環【著】
[出版社]木楽舎
[価 格]1,944円


朝日新聞 インフォメーション 通常版 ベルマーク版