どくしょ応援団

本を読もう。何を読もう? 迷ったら「どくしょ応援団」へ。親子で、ひとりで、夢中になれる本との出会いがここに!

読みきかせ応援団

ママ・パパ・祖父母向け、おすすめ本を紹介

蜜月10年「絵本の時間」 父母発、広がる世界

 わが子と一緒に絵本を開くひととき、楽しんでいますか。育児真っ最中のバイオリニスト高嶋ちさ子さん、3人の子に10年以上にわたって読み聞かせをした教育学者の汐見稔幸さんに、「絵本の時間」を聞きました。また、家事に仕事に忙しいお母さん、子どもと向き合うのに戸惑うお父さん、孫と豊かな時間を過ごしたい祖父母のみなさん、それぞれに向けて、「きっと読み聞かせが楽しくなる本」を、絵本選びの達人3人に選んでもらいました。

ママ編
バイオリニスト・高嶋ちさ子さん「読むふりして作り話しも」
絵本ナビ編集長・磯崎園子さん「お母さん応援本を選びました」
パパ編
教育学者・汐見稔幸さん「僕の子育て中の『武器』でした」
ファザーリング・ジャパン代表理事・安藤哲也さん「お父さんの得意分野がいかせる本」
祖父母編
翻訳家・間崎ルリ子さん「親とは違う大人が登場する本」
アスパラアンケート
読み聞かせ ママの24%が「毎日」

◆翻訳家・児童文学者、間崎ルリ子さん

 子どもの成長を見守るのは親ばかりではありません。おじいちゃん、おばあちゃんや近所の人たち、大勢が見守っています。そんな「親とは違う大人」が登場する本を、祖父母の方に向けて選んでみました。お孫さんは、絵本の主人公と同じ「見守られる喜び」を感じるはずです。

(聞き手・岡沢香寿美)


『ペレのあたらしいふく』
 自分で世話をした子羊の毛を刈り取ったペレ。お手伝いするのと引き換えに大人たちの手を借りて、毛をすき、糸をつむぎ、染め、布を織り、縫い……。一枚の洋服に仕立てあげられるまでが、豊かな自然を背景に描かれます。既製品に慣れ、私たちが忘れてしまった生活の原点を思い起こさせてくれる作品です。(E・ベスコフ作絵、おのでらゆりこ訳、福音館書店・1260円、4歳ぐらいから)
 
作・絵:
E・ベスコフ
訳:
おのでらゆりこ
出版社:
福音館書店
価格:
¥1,260(税込)
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp

『ババールのこどもたち』
 三つ子を授かった、ゾウのババール王とセレスト妃。子育てはハプニングの連続で、夫婦も周囲も大わらわですが、「くろうするだけのことはある」と、幸せをかみしめるババール。地域で子どもたちを見守る様子に、心が温まります。(J・ド・ブリュノフ作、やがわすみこ訳、評論社・1470円、4歳ぐらいから)
 
作:
J・D・ブリュノフ
訳:
やがわすみこ
出版社:
評論社
価格:
¥1,470(税込)
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp

『かさじぞう』
 お地蔵様の恩返しを描いた、おなじみの昔話。ぬくもりのある老夫婦の語り口が心に残ります。わが家ではとうに巣立った子どもたちが、「すっぽりめし(=おかずなしに食べるごはん)をさくさく食べよう」と今も言います。すると、お茶わん一杯のご飯がとてもおいしく感じられ、豊かな気持ちになります。(瀬田貞二再話、赤羽末吉画、福音館書店・840円、4歳ぐらいから)
 
再話:
瀬田貞二
画:
赤羽末吉
出版社:
福音館書店
価格:
¥840(税込)
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp

『やまのこどもたち』
 梅の花でままごと、露店が並ぶ運動会、おばあさんと炉端で年越しの準備……。舞台は一昔前の東北地方の農村。元気な「たけちゃん」を中心に、四季折々の暮らしが生き生きと描かれています。時代や生活環境が変化しても、決して変わらないものがある。そう感じさせてくれる一冊です。(石井桃子文、深沢紅子絵、岩波書店・924円、4〜5歳から)
 
文:
石井桃子
絵:
深沢紅子
出版社:
岩波書店
価格:
¥924(税込)
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp

『海べのあさ』
 小さな島の海辺に暮らすサリー。朝、目覚めると歯が抜けかかっています。家族に、村の大人たちに、アザラシにまで報告するのですが……。紺色だけで描かれた絵の表現力がすばらしく、「子どもには色鮮やかな絵本を」という固定観念が、吹き飛ばされます。(R・マックロスキー文絵、石井桃子訳、岩波書店・1785円、4〜5歳から)
 
文・絵:
R・マックロスキー
訳:
石井桃子
出版社:
岩波書店
価格:
¥1,785(税込)
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp

まさき・るりこ

 1937年生まれ。68年から、神戸市で家庭文庫「鴨(かも)の子文庫」を主宰。2男(44歳、43歳)、1女(39歳)を育てた。