どくしょ応援団

本を読もう。何を読もう? 迷ったら「どくしょ応援団」へ。親子で、ひとりで、夢中になれる本との出会いがここに!

読みきかせ応援団

年齢別ガイド この絵本が楽しいね

 絵本の読みきかせは親子のコミュニケーション。では、子どもはどんなふうに絵本を楽しむのでしょう。専門の立場から子育てを応援する岩立京子先生のお話を参考に、こころ弾む読みきかせを始めてみましょう。

【3、4歳から】

遊びながら育つ好奇心や想像力。絵本をかみしめるように味わいます

 多くのお子さんが保育園や幼稚園で集団生活を経験する年齢。お友達との「ごっこ遊び」など活発な遊びを通して、外の世界を知っていきます。そういう経験の積み重ねで、想像力も育っていくのでしょう。

 絵本と子どもの関係もそれなりに成長して、お話の中にもすっぽり入り、集中してきけるようになりますね。子どもの生活に近いお話、身近な経験が盛り込まれたお話など面白そうにきいています。

 お気に入りのお話は何度、きいても飽きたりません。「もういっぺん、もういっぺん」とねだったり、「これは何? これは?」と質問攻めにあうことも。そういうふうにかみしめるように絵本を楽しむのは、子どもが愛着をもっているから。

 何度もきいているうち、ストーリーを予測しながら楽しむようにもなります。たとえば、おだんごぱんが転がっていくと「次はこうだよねー」と自分からお話ししたり、結末を知っていても「次はどうなるの?」と問いかけたりもします。そうやって確かめながら自分が思った通りの展開で、「やっぱり、そうなんだ。ああ、よかった」と思えるのがうれしいのでしょう。

 読んであげるお母さんは、飽きてしまうかもしれません。でも、どんな読み方でもいいのです。わが子が喜び、話しかけるのにこたえていればマイペースの読み方ができます。

 忙しい日々、夜眠る前のわずかな時間でもいいですから、「絵本タイム」を持てればいいですね。もちろん、お父さんも一緒に楽しんでくださいね。

『あおくんときいろちゃん』
『あおくんときいろちゃん』表紙
L・レオーニ作、藤田圭雄訳、至光社・1260円
変身して、ドキドキ。さあどうなる?
 なかよしのあおくんときいろちゃんは、街角でばったり。あれあれ、二人は一緒になってみどりになりました。それぞれのおうちの人は二人が分からなくて大変! 主人公の二人の色がまったく違う色に変わる瞬間は、見るたびに新鮮です。ちょっぴりドキドキのお話も、「よかった!」の結末。あらためて周りにたくさんの色があることに気づいて、うれしくなります。
『あおくんときいろちゃん』中ページ
 作者のレオ・レオーニさんはグラフィックデザイナー。『スイミー』などたくさんの絵本で有名ですが、本書が絵本のデビュー作です。お孫さんにせがまれて、手近にある紙に次々と色をつけてお話を作っていき、お孫さんも本人も夢中になったそうです。美しい色と形の出会い。お子さんと一緒に味わってください。
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp
『どろんこハリー』
『どろんこハリー』表紙
G・ジオン作、M・B・グレアム絵、わたなべしげお訳、福音館書店・1155円
ハリーは黒いぶちの白い犬。おふろが嫌で逃げ出して、真っ黒に。帰ってきても、ハリーだと気づいてもらえません。洗ってもらい、やっと元通りに。思いっきり遊んでぐっすり眠る姿は、子どもそっくりです。
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp
『お月さまってどんなあじ?』
『お月さまってどんなあじ?』表紙
M・グレイニェク作、いずみちほこ訳、セーラー出版・1575円
お月さまを食べてみたいカメは、山に登ってお月さまをかじることにしました。でも、届きません。ゾウ、キリン、シマウマ、ライオン……と順に背中に乗って、お月さまに近づいて「パリッ」。さあ、どんな味?
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp
『バムとケロのにちようび』
『バムとケロのにちようび』表紙
島田ゆか作、文渓堂・1575円
雨降りの日曜日。外で遊べないバムはおうちでのんびり本を読もうと思っていたのに、泥だらけのケロちゃんが帰ってきたから大忙し。愉快な仲間がページのあちこちに隠れています。探しっこが楽しい絵本。
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp
『おだんごぱん』
『おだんごぱん』表紙
ロシア民話、瀬田貞二訳、脇田和絵、福音館書店・1155円
おばあさんが焼いたホカホカのおだんごぱん。窓辺からころんと逃げ出しちゃった。動物たちが食べようとするたび、歌を歌ってまんまと逃走。ところが、きつねだけは……。何度も続く繰り返しが楽しいお話。
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp
『からすのパンやさん』
『からすのパンやさん』表紙
加古里子作、偕成社・1050円
「いずみがもり」のからすのパンやさんでは、いろんなパンをどっさり売っています。ヘリコプターパン、だちょうパン、ゆきだるまパン……。みんなはどのパンが好きかな? 絵の中から見つけて。
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp
『ねずみくんのチョッキ』
『ねずみくんのチョッキ』表紙
なかえよしを作、上野紀子絵、ポプラ社・1,050円
お母さんが編んでくれたねずみくんの赤いチョッキ。「いい チョッキだね ちょっと きせてよ」と、アヒル、サル、オットセイたちが次々頼みにやってきます。すっかり伸び切っちゃったチョッキはどうなる?
この商品を購入するヘルプ
Amazon.co.jp

岩立京子先生写真

いわたて・きょうこ 東京学芸大学総合教育科学系教授。専門は発達心理学、保育学。母校の東京学芸大学で22年間にわたり、幼児教育の専門家養成に関わっている。NHK教育テレビのすくすくサポーターとしても活躍。

※年齢はあくまで目安です。お子さんが喜ぶなら年齢に関係なく読んであげてください。価格は税込みです。