ジャーナリスト学校

■月刊Journalism

【5月号のご案内】
Journalism5月号特集は「映像報道の新基準を探る」

特集は「映像報道の新基準を探る」。インターネットで誰もが自由に写真や動画を発信する時代のメディアの課題を検証します。新聞はネットで流れる写真を掲載できるか/テレビの現場でせめぎあうネット積極利用と反発/ヤフー・ジャパンの画像を選ぶ基準/ユーストリームが開くどこでも誰でもライブ放送時代/フォトアーカイブが売れる写真と売れない写真

2010年5月号の内容(目次)

Journalism2010年5月号表紙

特集 映像報道の新基準を探る
◎新聞写真の掲載をめぐり浮上する著作権上の問題
津山 昭英(朝日新聞社記者規範幹事)
◎ネットはテレビの敵なのか 現場でせめぎあう積極利用と反発
中井 孔人(日本テレビ放送網コンプライアンス推進室法務部長)
◎ヤフー・ジャパンの画像は何を基準に選んでいるのか
酒井 法子・野崎 勇治(ヤフー株式会社メディア編集部リーダー)
◎ネット動画サービスが開く、どこでも誰でもライブ放送時代
神田 敏晶(ビデオジャーナリスト/ソーシャルメディアコンサルタント)
◎本格化するフォトアーカイブ事業 「売れる写真」「売れない写真」
伊丹 和弘(朝日新聞社ジャーナリスト学校主任研究員)
朝日新聞「政治意識調査」から
液状化する政党支持構造 対立軸の不在で浮遊する有権者
石原 幸宗(朝日新聞社世論調査センター員)
再発見された国際的言論空間
雑誌「亜細亜公論」と柳泰慶〔上〕
羅 京洙(ハワイ大学韓国学研究所客員研究員)
海外メディア報告
転進記者たちが模索する新たなメディアの形
松下 佳世(朝日新聞社ジャーナリスト学校主任研究員)
メディア・リポート
※アサヒ・コムで記事がお読みいただけます。記事一覧はこちら>>
新聞
映画「裸の十九才」から40年 厳しさ増すメディアへの視線
松田 修一(東奥日報社編集委員室長)
放送
マスメディア VS. ネットの競争を超えて 待たれるオルタナティブメディア
桜井 均(立正大学文学部教授、立命館大学映像学部客員教授)
ネット
ツイッターがあれば新聞はいらない? ソーシャル・フィルタリングの秘密
小林 啓倫(日立コンサルティング シニアコンサルタント)
出版
iPad登場で電子書籍、価格上昇の怪
植村 八潮(東京電機大学出版局 局長)
カラーグラビア
インドの不可触民を訪ねて-ビハール州パトナで-
幸田 大地(写真家)
ジャーナリズムの名言
別府 三奈子
[朝日新聞全国世論調査詳報]
◎2010年3月定例RDD調査
◎2010年2~3月郵送調査(政治意識調査)
<関連リンク>
バックナンバー一覧
定期購読のご案内