ジャーナリスト学校

■月刊Journalism

【7月号のご案内】
Journalism7月号特集は「メディアが動かした中東革命」

特集は「メディアが動かした中東革命」――エジプト「1月25日革命」でメディアが演じた役割、中東ニュースを読み解くための基礎知識、アルジャジーラ英語放送の爆発的伝播力、フェイスブックがチュニジア「ジャスミン革命」を起こしたのか。検証【3.11報道】「福島民友」編集局長が語る「原発災害の中で新聞は」、「正常化のバイアス」と原発事故報道。「新人記者のための事件・事故取材講座」第1回。

2011年7月号の内容(目次)

Journalism2011年7月号表紙

特集 メディアが動かした中東革命
◎エジプト「1月25日革命」で メディアが演じたそれぞれの役割
川上 泰徳(朝日新聞編集委員=中東駐在)
◎中東ニュースの基礎知識 中東革命か、アラブ革命か
臼杵 陽(日本女子大学文学部教授)
◎もう一つのアルジャジーラ 英語放送の爆発的伝播力
小林 恭子(在英ジャーナリスト)
◎チュニジアの「ジャスミン革命」で フェイスブックはいかに動いたか
小林 啓倫(日立コンサルティングシニアコンサルタント)
検証〈3.11報道〉
◎福島県民の大多数は「嫌原発」に 新聞は賛成・反対派の調停役を
語り手 加藤 卓哉(福島民友新聞社編集局長)
◎「正常化のバイアス」かかった原発報道 放射能災害の情報展開を読み解く
平塚 千尋(立正大学非常勤講師)
海外メディア報告
「どこでもテレビ」時代のアメリカ アイパッド向け番組配信に不協和音
北清 順一(テレビ朝日アメリカ社社長)
メディア・リポート
※朝日新聞デジタルで記事がお読みいただけます。記事一覧はこちら>>
新聞
新聞に欠ける「被災地の視点」 東京視線が怒りと失望を招く
服部 孝司(神戸新聞社取締役)
放送
「空白地帯」を自覚した 震災・原発報道を
水島 宏明(日本テレビ解説委員)
ネット
ソーシャルメディアのデマに 騙されないためには
亀松 太郎(ドワンゴ・ニコニコニュース編集長)
出版
いったい誰が買っているのだろう? 震災写真集売れ、好調な東日本の書店
星野 渉(文化通信社取締役編集長)
科学報道の過去・現在・未来
原発災害後の科学ジャーナリズム 「脱啓蒙」への進化をめざして
[下]「遺伝子」報道の反省と今後の課題
尾関 章(朝日新聞編集員)
[新人記者のための事件・事故取材講座]第1回
迷ったら現場へ 取材相手の心を開かせよう
岡田 力(朝日新聞社ジャーナリスト学校記者教育担当部長)
カラーグラビア
インドの小さな村で――キリスト教徒の村を襲った悲劇
幸田 大地(写真家)
ジャーナリズムの名言
別府 三奈子(日本大学法学部新聞学科准教授)
[朝日新聞全国世論調査詳報]
◎2011年5月定例RDD調査
<関連リンク>
バックナンバー一覧
定期購読のご案内
電子版のご案内