ジャーナリスト学校

■月刊Journalism

【1月号のご案内】
Journalism1月号特集は「なぜ「政治報道」は批判されるのか」

特集は「なぜ『政治報道』は批判されるのか」――朝日・毎日・福島民報記者座談会「大震災下、政局報道が過熱していった理由」、〈変わる政治と変われないメディア〉政権交代への準備不足と記者たちの苛立ち、〈何が報道機関の足元を揺るがすのか〉政治報道を政治経済学の視点から分析する、〈大臣の「放言」「失言」とメディアの「軽さ」〉取材・報道の基本が忘れられていないか。

2012年1月号の内容(目次)

Journalism2012年1月号表紙

特集 なぜ「政治報道」は批判されるのか
◎[座談会]大震災・原発事故下の政治報道 メディアは何を誤ったのか?
佐藤 光俊(福島民報編集局長)・与良 正男(毎日新聞論説副委員長)・根本 清樹(朝日新聞編集委員)・〈司会〉藤田 博司(ジャーナリスト)
◎大災害や政治の構造変化に直面した 新聞報道の戸惑いと苛立ち
杉田 敦(法政大学法学部教授)
◎何が信頼を揺るがすのか 政治報道の政治経済学
斉藤 淳(イェール大学政治学科助教授)
◎際立つ政治とメディアの「軽さ」 忘れられた報道の基本
藤田 博司(ジャーナリスト)
メディアと法を考える
◎謝罪・取消広告と「表現の自由」――名誉毀損の救済方法の合憲性
山田 隆司(新聞記者)
メディア・リポート
※朝日新聞デジタルで記事がお読みいただけます。記事一覧はこちら>>
新聞
〈オンナ・コドモ〉が急所を突く 生活面は社会とつながれ
服部 孝司(神戸新聞社取締役)
放送
原発事故当事者たちの責任を 「集団的告白」に埋没させるな
桜井 均(元NHKエグゼクティブ・プロデューサー)
ネット
ニコニコニュースが挑む ネットニュースの新しい可能性
亀松 太郎(ドワンゴ・ニコニコニュース編集長)
出版
被災地・大槌町に書店誕生 「一頁堂書店」に未来あれ
星野 渉(文化通信社取締役編集長)
出版
テレビ朝日、放映拒否のワッツハプン? 「通販生活」原発国民投票特集号CM
今井 一(ジャーナリスト)
海外メディア報告
加速する「ネットでテレビ」時代 どう変わる? 米放送界
北清 順一(テレビ朝日アメリカ社長)
[新人記者のための連載企画講座]第1回
身の回りにたくさん転がる 連載企画のヒントを見逃すな
林 美子(朝日新聞社ジャーナリスト学校主任研究員)
カラーグラビア
PKK(クルド労働者党)の終わらない闘い
深田 志穂(フォトジャーナリスト)
ジャーナリズムの名言
別府 三奈子(日本大学法学部新聞学科准教授)
[朝日新聞全国世論調査詳報]
◎2011年11月定例RDD調査
<関連リンク>
バックナンバー一覧
定期購読のご案内
電子版のご案内