ジャーナリスト学校

■月刊Journalism

【12月号のご案内】
Journalism12月号特集は「ジャーナリズムを教育する」

特集は「ジャーナリズムを教育する」――「3・11報道の教訓から何を学ぶか」模索を続ける早稲田大学ジャーナリズム大学院、[学生インターン体験記]被災地で出す地域メディア「大槌みらい新聞」のニュースは何だ? 初めて新卒を迎えたヤフー・トピックス編集部「手探りの新人教育」の成果と課題、デジタル時代にますます求められる起業志向ジャーナリズム教育

2012年12月号の内容(目次)

Journalism2012年12月号表紙

特集 ジャーナリズムを教育する
◎「3・11報道」の教訓をどう生かす 模索する早稲田大学Jスクール
瀬川 至朗(早稲田大学大学院ジャーナリズムコース プログラム・マネージャー)
◎被災地で作る「大槌みらい新聞」 学生インターンの学びの場として活用
藤代 裕之(ジャーナリスト、早稲田大学大学院非常勤講師)
〈「大槌みらい新聞」学生記者の体験記〉
 木村 愛(慶應義塾大学学生)
 ゼロから取り組むメディアづくり 大学を休学して大槌に残る
◎初めて新卒を迎えたヤフー・トピックス 「手探りの新人教育」の成果と課題
佐藤 真希(ヤフー株式会社メディアサービスカンパニー編集本部編集2部編集1チームリーダー)
◎記者のキャリアアップを支援する 米ニーマンフェローに参加して考えたこと
菅谷 明子(在米ジャーナリスト)
◎デジタル時代に新たに求められる 起業家精神を教えるジャーナリズム教育
茂木 崇(東京工芸大学専任講師)
◎福島の取材現場で学んだ 米映像ジャーナリストの基本
藍原 寛子(ジャーナリスト)
◎朝日新聞×大学教育 ジャーナリズムのすそ野を広げる実践
北郷 美由紀(朝日新聞社教育総合センター大学コーディネーター)
メディア・リポート
※朝日新聞デジタルで記事がお読みいただけます。記事一覧はこちら>>
新聞
「いわゆる南京事件はなかった」 河村発言、あいまい表現の責任
小島 一彦(中日新聞社編集局編集委員)
放送
過熱した米大統領選中継 「外部の目」で日本独自の報道を
金平 茂紀(TBSテレビ執行役員)
ネット
3Dプリンターが変える「ものづくり」 「新しい産業革命」への期待と不安
小林 啓倫(日立コンサルティング シニアコンサルタント)
出版
デジタル環境で変わる「読書のかたち」 日韓中「出版シンポジウム」に参加して
植村 八潮(専修大学文学部教授、出版デジタル機構取締役会長)
海外メディア報告
失墜したハイテク大国日本への信頼 福島原発事故とドイツのメディア
熊谷 徹(在独ジャーナリスト)
新人記者のための取材力養成講座 最終回〈裏付け力〉
総合力が問われる裏付け取材 「書く意志」が事態を打開する
岡田 力(朝日新聞社ジャーナリスト学校記者教育担当部長)
カラーグラビア
戦火の街アレッポで 自由シリア軍FSA潜入記
八尋 伸(写真家)
ジャーナリズムの名言
別府 三奈子(日本大学大学院新聞学研究科・法学部教授)
[朝日新聞全国世論調査詳報]
◎2012年10月緊急RDD調査(野田内閣改造)
◎2012年10月定例RDD調査
◎2012年8月~9月郵送調査(「読書と私」)
<関連リンク>
バックナンバー一覧
定期購読のご案内
電子版のご案内