ジャーナリスト学校

■月刊Journalism

【3月号のご案内】
Journalism 3月号特集は「メディア各社の採用実態と本音に迫る! ジャーナリストを目指すあなたへ」

特集は〈メディア各社の採用実態と本音に迫る! ジャーナリストを目指すあなたへ〉――徹底討論@司会・林香里(東京大学大学院教授)/NHK・日経・読売・中日・朝日の採用担当者座談会「来たれ! 好奇心旺盛で対話力と行動力ある若者よ」、飯田裕美子(共同通信社総務局企画委員)「仕事と生活の両立支援が報道を変える 女性総合職記者30年目に思うこと」、西村匡史(TBS報道局「NEWS23」ディレクター)「『いのち』をめぐる最前線で取材し 葛藤の中で伝える」、早稲田・慶応・立教 各大学のジャーナリズム教育とマスコミに就職した卒業生からのリポート、大矢英代(琉球朝日放送記者)「私が立つ沖縄という報道現場には 今日も痛みが満ちている」、佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)「新聞記者がフリーになって ネット時代にどう生きるかを考えた」、原寿雄(元共同通信編集主幹)「まず疑え そして考えよ 流れに抗して進む 戦争を阻止する覚悟を持った記者になろう」

2014年3月号の内容(目次)

Journalism2014年3月号表紙

[特集 メディア各社の採用実態と本音に迫る! ジャーナリストを目指すあなたへ]
◎ 採用担当者座談会
「メディアに来たれ! 好奇心旺盛で対話力と行動力ある若者よ」
NHK・橋爪尚泰/日本経済新聞社・堤 和彦/読売新聞東京本社・吉山隆晴/中日新聞社・佐藤 幹/朝日新聞社・岡本峰子/[司会]林 香里(東京大学大学院教授)
◎仕事と生活の両立支援が報道を変える 女性総合職記者、30年目に思うこと
飯田裕美子(共同通信社総務局企画委員)
◎「いのち」をめぐる最前線で取材し 生き抜く人たちを葛藤の中で伝える
西村匡史(TBSテレビ報道局「NEWS23」ディレクター)
◎新聞記者がフリーになり ネット時代にどう生きるか考えた
佐々木俊尚(作家、ジャーナリスト)
◎ゼミと沖縄県学生寮が原点 県民に寄り添う基地報道を実践
松元 剛(琉球新報編集局次長兼報道本部長)
◎ 22歳の直感で大阪のテレビ局へ 「映像の力」で「今」を伝え続ける
北畠弦太(朝日放送報道局ニュース情報センター・デスク)
◆早稲田大学Jスクール
◎ 公共的な使命を帯びた プロを養成する試み
瀬川至朗(早稲田大学政治経済学術院教授・同大学大学院ジャーナリズムコースプログラム・マネージャー)
《卒業生から》 私が立つ沖縄という報道現場には 今日も痛みが満ちている
大矢英代(琉球朝日放送記者)
◆慶応義塾大学メディア・コミュニケーション研究所
◎ 掘り下げていく力と視点を研究を通し学び、鍛えていく
大石 裕(慶応義塾大学法学部教授、同学部長)
《卒業生から》 理想の記者像ができた場所
橋本 亮(共同通信社成田分室)
◆立教大学社会学部メディア社会学科
◎ 学際的なカリキュラムをもとに発信するための力を養う
井川充雄(立教大学社会学部教授)
《卒業生から》 原点となった大学での学びと出会い
横川結香(朝日新聞東部支局)
◎一握りの大手とそれ以外に二極化 売り上げ減、廃業、深刻な出版業界
篠田博之(メディア批評誌『創』編集長)
◎ デジタル時代のメディアは 速報記者から編集者の黄金時代へ
佐々木紀彦(東洋経済オンライン編集長)
◎ 米ジャーナリズム・スクールでは 学生の将来のために何を教えているか?
ダン・ギルモア(ジャーナリスト/ブロガー)
[編集長インタビュー]
◎まず疑え。そして考えよ。流れに抗して進む、戦争を阻止する 覚悟を持ったジャーナリストになろう
原 寿雄(元共同通信編集主幹)
「フクシマ」と「オリンピック」
ジャーナリズムは「東京五輪」と「福島」にどう向き合うか
上丸洋一(朝日新聞編集委員)
NHKと政治の距離を考える
政治の呪縛から逃れられないNHK 経営委員会のあり方めぐり国民的議論を
小田桐 誠(ジャーナリスト)
メディア・リポート
※朝日新聞デジタルで記事がお読みいただけます。記事一覧はこちら>>
放送
「放送報国」の亡霊たち――すばらしきNHKに向けて
金平茂紀(TBSテレビ執行役員 報道局担当)
ネット
無人飛行機を使った取材で 新たな報道の可能性と問題が
小林啓倫(日立コンサルティング 経営コンサルタント)
海外メディア報告
米国の対中姿勢、微妙なバランス 「安倍首相発言」に揺らぎと懸念
冷泉彰彦(在米作家、ジャーナリスト)
カラーグラビア◎フォト・ジャーナリストの目
エチオピア 山岳地のポテト
写真と文=大瀬二郎
ジャーナリズムの名言
別府三奈子(日本大学大学院新聞学研究科・法学部教授)
[朝日新聞全国世論調査詳報]
◎ 2013年11 ~ 12月郵送調査(「20代はいま」)
<関連リンク>
バックナンバー一覧
定期購読のご案内
電子版のご案内