ジャーナリスト学校

■月刊Journalism

【2014年7月号のご案内】
Journalism 7月号特集は「データジャーナリズム」が注目を集める中 ビッグデータ時代の報道とは

 データを駆使して新たなニュースを発掘しつつ、読者や視聴者にそのデータをいかにわかりやすく、かつチャーミングに見せるか──。ビッグデータの潮流がひたひたと迫る中、メディア各社でも「データジャーナリズム」という手法に注目が集まっています。
チャレンジは始まったばかりです。今月は「ビッグデータ時代の報道」最前線を特集しました。

2014年7月号の内容(目次)

Journalism2014年7月号表紙

[特集 「データジャーナリズム」が注目を集める中 ビッグデータ時代の報道とは]
◎ ビッグデータ時代だからこそ メディアは「ライブ感覚」で勝負しよう
茂木健一郎(脳科学者、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー)
◎ 震災に関するビッグデータが 忘却にあらがう未来への〝石碑〟に
三村忠史(NHK 報道局社会番組部チーフ・プロデューサー)
◎ 権力監視の役割を果たすためにも データジャーナリストの育成が重要
藤代裕之(ジャーナリスト、法政大学准教授)
◎ ジャーナリズムはマーケティングに学べ データ・アナリティクスが拓く新手法
萩原雅之(トランスコスモス・アナリティクス副社長)
[編集長インタビュー]
◎ 何に使うか、目的意識がはっきりしなければ ビッグデータは意味がない。
オバマの選挙からそれが見えてくる
平林紀子(埼玉大学教養学部教授)
◎ デジタルの可能性を示した企画「チラシでたどる震災1000日」
奥山晶二郎(朝日新聞デジタル編集部員)
◎ 「データジャーナリズム」が結ぶ 大学とメディアの協働関係
荒川 拓(東京大学大学院学際情報学府修士課程)・林 香里(東京大学大学院情報学環教授)
◎ 記事や物事の理解を深めるための 米国発のデータジャーナリズム
津山恵子(ジャーナリスト)
◎ 病院ごとの治療成績を可視化する データを活用し報道する方法を競う
浅井文和(朝日新聞編集委員)
◎ ネット選挙の解禁で、政治もジャーナリズムも 新たな対応力が求められている
西田亮介(立命館大学大学院先端総合学術研究科特別招聘准教授)
◎ データジャーナリズムを駆使し 新たな報道基盤を模索する欧米の試み
瀧口範子(フリーランス編集者、ジャーナリスト)
◎ ビッグデータ時代の「忘れられる権利」 プライバシー保護に日本なりの哲学を
宮下 紘(中央大学総合政策学部准教授)
◎ 報道機関は社会課題の解決に向け、データを整備する事業に投資を
鈴木良介(野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部所属・主任コンサルタント)
◎ ソーシャルメディア分析の手法は データジャーナリズムにも通じる
橋本大也(データセクション株式会社取締役会長)
◎ データジャーナリズムを考えるとき まずは手がかりになるサイト
立薗理彦(有限会社ネオローグ CTO)
アメリカの秘密保護法制の実態
◎ 多すぎる機密は政策判断を誤らせる 米国での聞き取りでわかったこと
三木由希子(情報公開クリアリングハウス理事長)
〈連載〉2014 政治報道をよむ
◎ 権力構造と争点を見渡す視点 各紙を比較、検証しながら情報源を広げる努力を
牧原 出(東京大学先端科学技術研究センター教授)
メディア・リポート
※朝日新聞デジタルで記事がお読みいただけます。記事一覧はこちら>>
放送
表現の自由を萎縮させる効果もたらした「美味しんぼ騒動」
金平茂紀(TBSテレビ執行役員、「報道特集」キャスター)
出版
公共図書館の電子サービス 普及には新たなルールが必要だ
植村八潮(専修大学文学部教授)
ネット
スマートフォンが優位になった今 ニュースを読むためのアプリが熱い
高木利弘(株式会社クリエイシオン代表取締役)
カラーグラビア◎フォト・ジャーナリストの目
福島、時が止まった地
写真と文=村田信一
ジャーナリズムの名言
別府三奈子(日本大学大学院新聞学研究科・法学部教授)
[朝日新聞全国世論調査詳報]
◎ 2014年5月定例RDD調査
<関連リンク>
バックナンバー一覧
定期購読のご案内
電子版のご案内