JFEスチール賞の芝浦工業大柏高の土田誠さんらが製鉄所を見学

社長が同校に副賞の実験機器一式を贈呈

林田英治社長(4月1日付でJFEホールディングス社長に就任、左)と、JFEスチール賞を受賞した土田誠さん=千葉市中央区林田英治社長(4月1日付でJFEホールディング
ス社長に就任、左)と、JFEスチール賞を受賞した
土田誠さん=千葉市中央区

 科学者や技術者を目指す「第12回高校生科学技術チャレンジ(JSEC2014)」で、JFEスチール賞を受賞した芝浦工業大学柏高校(千葉県柏市)の土田誠さんと同校の科学部員、課題研究授業の受講者計18人が3月20日、JFEスチール東日本製鉄所千葉地区(千葉市中央区)を見学に訪れました。

 工場見学の前には、副賞として同社から受賞者の在籍高校に贈られる実験機器一式の目録が、林田英治社長(4月1日付でJFEホールディングス社長に就任)から土田さんに手渡されました。その後、土田さんらは工場とスチール研究所(研究施設)を見学しました。東京ディズニーランドの約10倍もある広大な敷地の工場で、日々の暮らしを支える鉄がつくられる様子を目の当たりにし、参加した生徒たちは科学技術への関心を一層深くしていた様子でした。

 2年生だった土田さんは「チューブ内の水素燃焼炎の移動速度の研究」で、JFEスチール賞に輝いた。研究はチューブ内で水素が燃焼するスピードを制御するもので、高い評価を受けました。5月に米国ペンシルベニア州ピッツバーグで開催される「インテル国際学生科学技術フェア(ISEF)」に日本代表として派遣され、世界の高校生たちと研究の成果を競い合います。

見学に訪れた芝浦工業大学柏高校の生徒と引率の先生ら=千葉市中央区 見学に訪れた芝浦工業大学柏高校の生徒と引率の先生ら=千葉市中央区


ページの一番上へ