朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

l 印刷 印刷 l 記事 l 学習のポイント l ワークシート(PDF) l この記事を手がかりにトップへ l




この記事を手がかりに

 江ノ電、「土木遺産」に 土木学会が22件選定
 (朝日新聞社発行 2014年10月11日付 朝刊6ページ)


 土木学会は10日、歴史的なトンネルや橋、鉄道などの土木構造物22件を「選奨土木遺産」に決めたと発表した。土木遺産は保存に値する近代の土木構造物で、2000年度から毎年20件程度ずつ選定。今回で計302件になった。

 選ばれたのは次の通り。
 新釧路川(北海道)▽松前港福山波止場(同)▽仙山線鉄道施設群(宮城県、山形県)▽成宗電車第一、第二トンネル(千葉県)▽羽村取水堰(ぜき)(東京都)▽日光稲荷川流域の砂防堰堤(えんてい)群(栃木県)▽信越線太田切橋りょう(新潟県)▽水戸市低区配水塔(茨城県)▽江ノ島電鉄(神奈川県)▽敷島浄水場配水塔(群馬県)▽堀切橋(埼玉県)▽旧親不知(おやしらず)トンネル(新潟県)▽嫌谷(やんたに)砂防堰堤群(岐阜県)▽旧稲葉地配水塔(愛知県)▽旧余部橋りょう(兵庫県)▽砂山池・龍ケ池揚水機場(滋賀県)▽旧北陸本線トンネル群(福井県)▽小刀根トンネル(同)▽来原岩樋(くりはらいわひ)(島根県)▽熊井隧道(ずいどう)(高知県)▽細島験潮場(宮崎県)▽湯野田橋(佐賀県)


★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。