朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  この記事を手がかりにトップへ  




この記事を手がかりに

 (阪神・淡路大震災20年) 
 伝える次世代へ 忘れない 横断幕に決意
  大阪市立昭和中学校・植田 恭子
 (朝日新聞社発行 2015年1月17日付 夕刊【大阪】10ページ)


 20年前の1月17日、あの日、あなたはどこで何をしていましたか。阪神・淡路大震災から20年が経ち、各地で追悼行事が催されました。震災を知らない世代が増え、被災者の高齢化も進んでいます。国内外では相次いで災害が起こっている中、「1.17」についての記事を手がかりに考えていきたいと思います。

 ① 「1.17」20年の歩み

 ボランティア元年といわれる1995年。阪神・淡路大震災後、さまざまな変化がありました。この20年の歩みを追っていきましょう。
 阪神・淡路大震災で被災したのは、日本人だけでなく、日本に住む外国の方もおられました。日本語に不慣れな外国人にとって伝えられた情報を理解することは難しいことでした。「緊急性の高い情報を、外国人にも日本人と同じように伝えるにはどうすればよいのか」という課題から「やさしい日本語」という言葉が生まれました。「やさしい日本語」を考えられた佐藤和之さんが、中学2年生の国語の教科書に書き下ろしておられるのでご存じの方も多いかもしれません。
 大震災は何を変えたのでしょうか。被災地の人口、経済をはじめ防災対策さまざまな視点から20年を振り返りましょう。

 ② 20年前に起きたこと

 人の悲しみは時間が経過すれば癒されるものではありません。20年という時間が経ち節目とする動きもありますが、その記憶や教訓を風化させないためにも、被災された人の言葉に耳を傾ける必要があります。震災の年に生まれた子どもたちが成人の日のインタビューで、異口同音に「たいへんな中で育ててくれたことに感謝します」と話しています。
 阪神・淡路大震災に関する情報を収集し、被災された人の言葉を読み、その思いに寄り添いましょう。その思いを想像しましょう。そこから、私たちに何ができるかを考えましょう。

 ③ 教訓は生かされているか

 阪神・淡路大震災の教訓は生かされているでしょうか。「減災サイクル」という言葉があります。災害発生直後の応急対策から復旧・復興、さらに次の災害における被害防止に向けた取り組みを、一連の流れとして受け止めて実行するという考え方です。
 実際、災害直後の「初動」、「備え」はどうなっているでしょう。私が住む町でも「安否確認用目印(黄色のハンカチ)」が配布されました。各自治体でもさまざまな取り組みがなされています。確かに地震についての防災訓練も行われるようになり、全国の公立小中学校の耐震化率も92.5%と改善されています。
 自分の住む地域の防災に関する情報を収集しましょう。Webページで「防災マップ」を見ることが出来る自治体も多いようです。避難場所などを確かめておきましょう。
 防災用品のリストをもとに準備する。通学路に危険な所はないか、家族で歩いてみるなど、身近なことに目をむけ、防災・減災に関心をもつ、一歩を踏み出しましょう。

 ④ 私たちにできること

 「ゆずちゃんは、おおきなったらふうせんやさんに なるのやて。」「大きなゆめをうばわれた少女ゆずちゃん」(肥田美代子 ポプラ社)
 震災後、『ゆずちゃん』をはじめ、震災をテーマにしたたくさんの作品が世に出ました。手にとって、じっくり読んでみましょう。自分たちに何ができるか。震災で犠牲になった人、大切な人を亡くした人の思いを自分事として、当事者意識をもって受けとめ、感じ、考えましょう。いつまでも忘れず、教訓を受け継いでいくためには、「もし、自分だったら」という意識が重要なのではないでしょうか。

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。