朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  この記事を手がかりにトップへ  




この記事を手がかりに

 (教えて!税と予算:4)
 ふるさと納税、寄付がしやすくなるの?
  慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(元公立中学教員)・有馬 進一
         (朝日新聞社発行 2015年2月21日付 朝刊 7ページ)


 最近、ふるさと納税という言葉を耳にすることが多くなりました。生まれ故郷や旅行で訪れた思い出の地、さらには興味ある地域など、その地方自治体に寄付すると、お礼として牛肉や米、メロンやキャビア、さらにはパソコンなどの特産品がもらえるとあって、急激に関心が高まっているようです。あの手この手で寄付を募る自治体間の競争も過熱気味になっています。今回は、地域おこしや地方創生とも関係する、ふるさと納税について考えてみましょう。

 ◎ 学習のポイント ◎

 (1)ふるさと納税の目的やしくみについて調べてみましょう。

 この制度が誕生した目的はどこにあるのでしょう。また、都道府県や市区町村に対して寄付(ふるさと納税)すると、寄付のうち自己負担額の2千円を超える部分が、住んでいる自治体に納める税金からもどってくることになりますが、どのようなしくみでそうなるのか調べてみましょう。
 下記の「政府インターネツトテレビ」では、小中学生にもわかりやすい解説がされています。さらに詳しく知りたい人には、「ふるさとチョイス」や「City Do!」のサイトを活用するのもいいでしょう。

【参考】
 「政府インターネツトテレビ」あなたの想う自治体を応援する ふるさと納税
  http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg9455.html
 「ふるさとチョイス」ふるさと納税とは?
  http://www.furusato-tax.jp/about.html
 「City Do!」ふるさと納税って何?
  http://www.citydo.com/furusato/what/index.html

 (2)どのようなお礼や特典がもらえるのでしょう。

 ふるさと納税の人気の背景に、地方特産の豪華なお礼の品が届くことが挙げられます。ふるさと納税のポータルサイトには、通販サイトのカタログを思わせるような全国各地の特産物が紹介されています。寄付する人たちは、どのような特産品に魅力を感じているのでしょう。中には、航空券や施設の利用権などといった様々な特典もありますから調べてみましょう。
財政難に苦しむ自治体は、寄付金の獲得競争を活発化させています。本来、寄付は見返りがないものと考えられていますが、何らかのお礼を送っている自治体は約60パーセントになるそうです。さて、皆さんの住む自治体は、どのようなお礼をしているのでしょう。もちろん、お礼の品がないところもあります。

【参考】
 「ふるさとチョイス」
  http://www.furusato-tax.jp/
 「City Do!」
  http://www.citydo.com/furusato/

 (3)地方自治体は、寄付金をどのように役立てようとしているのでしょう。

 地域産業の衰退や人口の流出によって、税収の不足に悩む自治体は、必要とされる住民サービスや災害の復旧・復興のための予算不足に苦悩しています。地域の事情によって、寄付金の使い道は様々です。寄付する立場からすれば、応援したくなる魅力的な企画がみつかるかもしれません。
 なお、皆さんの自治体のホームページを調べ、どのようなことに寄付金を役立てようとしているのか調べてみましょう。指定できない自治体もあります。

 (4)ふるさと納税をする手順について調べてみましょう。

 具体的にどの地方自治体にいくら寄付するのか。その使い道はどう指定するのか。お礼の品があれば、どれにするのか。実際にシミュレーションをしてみましょう。とはいっても、働いて税金を納めるようにならないと、ふるさと納税をすることはできません。年収や家族構成が決まらないと、寄付できる上限額がわかりませんが、ここでは自由に考えてみることにしましょう。
現在住んでいる自治体へ寄付することも可能ですから、窓口へ直接出向いてみてはどうでしょう。その際、ふるさと納税の収支が「+」なのか、「-」なのか尋ねてみてはどうでしょう。そこから新たな発見がありそうです。

【参考】
 私はだいたい、いくらできる? ~税金控除になる金額の目安~
  http://www.furusato-tax.jp/example.html
 税金の控除について
  http://www.citydo.com/furusato/what/01.html

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。