朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  この記事を手がかりにトップへ  




この記事を手がかりに

 明治の産業革命、世界遺産へ
 8県23資産、登録勧告
 (朝日新聞社発行 2015年5月5日付 朝刊 1ページ)


明治日本の産業革命遺産 「軍艦島」   八幡製鉄所    三 池 炭 鉱 


 ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産に、福岡など九州の5県と山口、岩手、静岡の計8県に広がる「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」が、名称を一部変更した上で、登録される見通しとなった。ユネスコの諮問機関が「登録」を勧告した。6月28日からドイツで開かれる世界遺産委員会で最終的に決まる。

 フランス・パリの世界遺産センターが4日、文化遺産の候補を事前審査する諮問機関・国際記念物遺跡会議(イコモス)の勧告内容を日本政府に伝えた。イコモスは「登録」「情報照会」「登録延期」「不登録」の4段階で評価する。

 「産業革命遺産」は、19世紀末~20世紀初頭に、製鉄や造船、石炭産業の重工業分野に西洋の技術を移転して、日本が近代産業国家になったことを示しているとして、日本政府がユネスコに推薦した。「軍艦島」として知られる端島(はしま)炭坑(長崎市)など23資産で構成。広域の複数の資産を一括する「シリアルノミネーション」という手法で推薦された。三菱長崎造船所(同)のジャイアント・カンチレバークレーンなど現在も現役で使われている施設もある。稼働中の施設が国内から世界文化遺産に登録されれば初めてとなる。

 イコモスは、「九州・山口と関連地域」に代わり、「製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」と業種を明確にした名称への変更を勧告。内閣官房によると事前にイコモスから「産業のすべての側面を対象にしていない。重工業を対象にしているのにふさわしい名称を」と要請があり、日本側から変更を申し出ていたという。


 イコモスは、端島炭坑の保全計画をまとめたり、各施設の来訪者の上限数を決めたりして、2017年12月1日までに世界遺産センターに対して伝えることも求めた。日本政府によると、過去5年にイコモスが登録を勧告し、世界遺産委員会で判断が覆った例はない。(藤井裕介)

◆キーワード

 <世界遺産>
 将来にわたって残したい貴重な文化財や環境をユネスコの委員会が決定する。これまで国内から世界遺産に登録されたのは、昨年登録の「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)など文化遺産が14件、「屋久島」(鹿児島県)など自然遺産が4件。

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。