朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  この記事を手がかりにトップへ  




この記事を手がかりに

 18歳選挙権 来夏の参院選から
 新有権者240万人
  ★学習のポイント★
          大阪市立昭和中学校・植田恭子
          (朝日新聞社発行 2015年6月18日付 朝刊 1ページ 大阪版)


 「18歳のあなた」からイメージすることは何ですか。もうずいぶん前で、あの頃の自分は何をしていたのだろうというあなた。まだ何をしているのか、想像できないというあなた。十人十色、それぞれに違いますね。今までは、成人を迎える「二十歳(はたち)」が大きな節目でしたが、「18歳」という年齢も大きな意味をもってきます。  今回は、「18歳選挙権 成立 来夏の参院選から」の記事を手がかりに考えていきましょう。

 ◎ 学習のポイント ◎

1.「改正公職選挙法」とは
 記事には「明治日本の産業革命遺産」が地図や写真で示されているとともに、具体的な施設・遺構についてまとめたものが掲載されています。
 今回の改正のポイントについて、さまざまな情報をもとに整理してみましょう。選挙権年齢が現行の「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げられること以外に、どのようなことが改正されたのでしょうか。また「18歳選挙権」が適用されるまでのスケジュールはどうなっているのでしょうか。新たに有権者になる人はどのくらいいるのでしょう。18歳というと、就職や進学で引っ越しをした人はどうなるのでしょう。

 来年の参議院選挙の投票日を、2010年と同じ7月第2日曜と想定して考えてみましょう。
  http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/housei/pdf/189hou5siryou.pdf/$File/189hou5siryou.pdf

2.選挙権年齢の変遷
 1889年には、全人口に占める有権者の割合が約1%。直接国税15円以上を納める25歳以上の男子だけに選挙権がありました。それが、10円以上の直接国税、3円以上の直接国税と変遷してきましたが、終戦直後の1945年、現行の「20歳以上」となって以来、70年ぶりです。
 今回の法改正のきっかけは何だったのでしょうか。2007年に成立した国民投票法では、憲法改正の是非を問う国民投票を「原則18歳以上」と定められています。

 選挙権年齢の引き下げについての賛否はどうだったのでしょうか。改正に至るまでの経緯についても調べてみましょう。
  http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/senkyo/kids/02_ayumi/

3.世界の選挙権
 国によって国情も違いますから、単純に比較をすることはできませんが、主な国の選挙権年齢について調べてみましょう。国立国会図書館の2008年の調査では、アメリカ、イギリスなど世界の約190か国・地域の約9割が18歳以上です。16歳という国もあるようですが、世界の標準は18歳以上のよう。世界の国々でなぜ18歳以上と改正されたのかも調べておきましょう。

 世界では選挙権の引き下げ運動が盛んなようです。それはなぜなのでしょう。政治や社会について、世界の若者はどのような意識をもち、いつ、どこで、どのように学んでいるのでしょう。イギリスの「シティズンシップ教育」などについても調べてみましょう。
  http://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/document/2008/200806.pdf

4.「18歳選挙権」による変化
 選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げたことで、来年の夏の衆議院選挙から18、19歳の約240万人が新たに有権者となります。20歳代の投票率の低さ、政治への関心の低さはいつも問題になっていますが、「18歳選挙権」で投票率はアップするでしょうか。「18歳選挙権」については、若い世代で「賛成」の声が多かったようです。
 6月18日付朝日新聞朝刊でも「天声人語」「社説」「耕論18歳からの1票」「時時刻刻」と関連記事がたくさん掲載されています。また各紙にも、シリーズ記事やコラム、社説とさまざまな情報があります。じっくり比較しながら、読んでみましょう。
 政治や社会に関心をもつこと、まずは第一歩を踏み出しましょう。あなた任せでは、よりよい社会をつくることはできません。

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。