朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  この記事を手がかりにトップへ  




この記事を手がかりに

 鈴木氏「背泳ぎだけど前向きに」
 初代スポーツ庁長官決定
 (朝日新聞社発行 2015年9月12日付 朝刊 20ページ)


<鈴木大地氏>

 文部科学省の外局として10月1日に発足するスポーツ庁の初代長官に、日本水泳連盟会長の鈴木大地氏(48)の就任が決まった。政府が11日の閣議で了解した。

 鈴木氏は1988年ソウル五輪の競泳男子100メートル背泳ぎ金メダリスト。中央省庁のトップに、異例の若さで選ばれた鈴木氏は、国体の会期前競技が行われている和歌山市内で会見し、「泳ぎは後ろ向き(背泳ぎ)でしたけど、前向きに頑張る」とユーモアを交えて抱負を語った。

 スポーツ庁の設置の狙いは、これまで縦割りだったスポーツ行政の効率化だ。長官の所管分野は、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた競技力向上から、地域スポーツの振興まで多岐にわたる。

 13年に日本水連会長に就任後、強化に成功し、財務体質も改善した鈴木氏は、スポーツ庁では「強化は(あくまで)柱の一つ」と話し、「健康寿命の延伸、地域の活性化、国際貢献、経済の発展……。総合的に盛り上げて、全国民が健康で文化的な生活を送れるようにサポートしていきたい」と決意を述べた。

 発令は10月1日付で、任期は2年(再任可)。日本水連会長や、日本オリンピック委員会(JOC)理事、順大教授との兼務はできず、長官就任までにそれぞれを辞するという。

 新たな大役を引き受けた理由については、「水泳人ではあるけど、その前に日本人」「守備範囲を変えるための決断」などと、独特の言い回しで熱く語った。

 安倍晋三首相とともに、最終的な人選に関わった菅義偉官房長官は、「スポーツ全般に高い実績と見識を有する方。スポーツ行政の顔として大きく活躍していただきたい」と鈴木氏に期待を寄せた。

 ▼会長代行に青木氏
 日本水泳連盟は11日、和歌山市内で常務理事会を開き、鈴木会長のスポーツ庁長官就任にともない、青木剛副会長(68)を10月1日付で会長代行とする人事を承認した。10月24日の理事会で、青木氏を正式な会長に選任するか話し合う。

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。