朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  この記事を手がかりにトップへ  




この記事を手がかりに

 「背泳ぎだけど前向きに」
 鈴木大地氏、初代スポーツ長官に就任
  ★学習のポイント★
          千葉県市川市立富美浜小学校・武藤和彦
          (朝日新聞社発行 2015年9月12日付 朝刊 20ページ)


 世の中には前評判とか、噂通りという言葉がありますね。まさに、今回の就任には、「やっぱりね」「このひとならば、大丈夫!」「クリーンなイメージ」という印象が、世の中にはあったのではないでしょうか。
 さて、この鈴木大地さん、かつては、背泳(背泳ぎ=バック)を得意とする水泳選手でした。『バサロ』という、泳法で世界の水泳界に旋風(せんぷう)を巻き起こし、1988年韓国ソウルオリンピック(五輪)で力むことなく、すんなり優勝してしまうという印象が強く残っている選手でした。その後は、競技歴や人格的にも誰からも認められ、数々の重職を歴任し、今回の抜擢(ばってき)となりました。

  http://www.daichi55.com/ (オフィシャルブログ)

 最近は、東京五輪に向けて、エンブレムや競技場建設でアクシデントが立て続きました。しかし、この重苦しい雰囲気を振り払ってくれることでしょう。また、この就任で明るく前向きな、オリンピックへの道筋が敷いてもらえることだと思います。
 では、一緒に考えてみましょう。

 ◎ 学習のポイント ◎

(1)鈴木さんは就任の話を聞いて「泳ぎは後ろ向きでしたけど、前向きに頑張る」と抱負を語っています。この紙面には、ユーモアを交えてと書いてありますが、何がユーモアだと思いますか?
 ◎得意な水泳の泳法が後退をイメージさせるけれども、スポーツ庁では、未来を見据えて、大きなビジョンを描(か)きながら推進させていくという意思表示が、対語になっていておもしろいという視点から、書かれているのだと思います。

(2)鈴木氏はスポーツ庁で、どんな仕事をしたいと、決意を語っていますか。
 ◎「健康寿命の延伸、地域の活性化、国際貢献、経済の発展……。総合的に盛り上げて、全国民が健康で文化的な生活が送れるようにサポートしていきたい」と語っています。
 ご本人が体験してきたスポーツ界の背景を考えながら、国民の支持が得られるような、スポーツ環境の整備に努めてもらえるような気がします。

(3)鈴木氏はどんな理由から引き受けたのでしょう。
 ◎「水泳人ではあるけど、その前に日本人」、「守備範囲を変えるための決断」と語っています。自分がやらなくて、いったい誰がやるんだ!という気概(きがい=困難にくじけない強い意志)がそうさせているのではないでしょうか。きっと、いつか、みなさんも大きな役割を担う時がくるでしょう。その時に、この鈴木さんの言葉が思い出されるかも知れません。

(4)鈴木さんをスポーツ庁長官に選んだのは、誰で、どんな理由からでしょう。
 ◎誰が:文部科学省が考えて、政府の要人である安倍総理や菅官房長官が決めました。
 ◎理由:スポーツ全般に高い実績と見識を有し、スポーツ行政の顔として、大きく活躍してもらえる。

 政府もその手腕に大きな期待を寄せているようですね。鈴木さんも選ばれたからには、すべての精力を傾けて、日本のスポーツ界に新風を巻き起こしてくれることでしょう。

 ◎ 発展学習として ◎

〇 ソウル・オリンピックがあった1988年はどんな年だったかを調べてみましょう。
  図書室やネットに掲載されている情報を検索してみると楽しいですよ。
  http://nendai-ryuukou.com/1980/1988.html (年代流行)

〇 いったい「バサロ泳法」とはどんな泳ぎ方で、その歴史を調べてみましょう。
  図書室やネットに掲載されている情報を検索してみると楽しいですよ。
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E6%B3%B3%E6%B3%95
 (ウィキペディア)

〇 あなたは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックが開かれる5年後にどんなことをしているか想像してみましょう。友だちや家族と話し合ってみるのもいいですね。
  時間とチャンスがあれば関わってほしいなと思います。

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。