朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  この記事を手がかりにトップへ  




この記事を手がかりに

 大空へ、国産旅客機再び MRJ初飛行
 YS11から半世紀
 (朝日新聞社発行 2015年11月11日付 夕刊 1ページ)


離陸するMRJ=11日午前9時35分、県営名古屋空港、細川卓撮影

 ■国産初のジェット旅客機MRJが11日午前、初飛行を果たした。

 開発を担う三菱航空機が、愛知県営名古屋空港(同県豊山町)で最初の飛行試験に成功した。

 国産旅客機の開発は、1962年に初飛行したプロペラ機YS11以来、半世紀ぶり。欧米の下請けに専念してきた日本の航空産業にとって節目となる。

 飛行試験は、自衛隊機など3機を伴って1時間半。名古屋空港と遠州灘を往復し、上昇や下降、左右への旋回といった基本的な性能を確認した。三菱航空機の親会社、三菱重工業の大宮英明会長は「初日としては大成功」と話した。
 2008年の開発本格化から7年半でたどり着いた初飛行は、設計変更や部品調達の遅れなどで当初予定から4年以上遅れた。今後の飛行試験は主に米国で重ね課題の洗い出しと改善を進める。航空会社への納入は17年春に始める計画だ。
 燃費のよさと客室の快適さが特徴で、現時点の受注は全日本空輸を含む日米など6社から合計で約400機。その6倍にあたる2500機をめざす。 「リージョナルジェット」と呼ばれる小型ジェット旅客機の需要は、今後20年間に世界で約5千機にのぼると見込んでおり、その半分を占める目標だ。
 MRJの開発には、日本の航空産業を自動車産業などと並ぶものづくりの柱の一つにしたい、という官民の狙いがある。

 現在、3千億円近くにのぼる開発費用は、一部を政府が負担。開発主体の三菱航空機には、三菱重工業だけでなく、トヨタ自動車や政府系の日本政策投資銀行も出資している。
 国産旅客機の開発はプロペラ機のYS11以来。政府が旗を振り、三菱重工などが関わったYS11は売れ行きが悪く、初飛行からわずか11年後の1973年に生産終了に追い込まれた。日本の航空産業は、米ボーイングへの部品供給や自衛隊機の生産に特化してきた。
 (井上亮、鈴木毅)

■「政府しっかり支援」

 菅義偉官房長官は11日午前の記者会見で「政府としてトップセールスなどを通じてしっかり支援を行っていきたい」と述べた。

■やまない拍手

 午前9時10分。MRJがエンジンを始動させた。約10分後、機体がゆっくり進み始め滑走路へ向かった。
 滑走路に進入し向きを変え、動きを止めた。轟音(ごうおん)とともに滑走開始。速度を上げ数秒後、前輪に続き後輪が滑らかに宙に浮いた。9時35分、北西へ飛び立った。
 機体がみるみる小さくなりエンジン音が遠のく。整備関係者が25人ほど、直立不動で見守った。駐機場にはメーカーや取引先の企業関係者、周辺自治体の首長らも。拍手が大きくなり、離陸後もしばらく続いた。
初飛行を終え、着陸したMRJ=11日午前11時すぎ、県営名古屋空港、小川智撮影  約1時間半後の午前11時、南東の空に機体が現れた。約5分後に着陸。関係者から再び拍手がわき、笑顔で互いに握手した。
 午前11時39分、機体の扉が開き、テストパイロットの安村佳之(よしゆき)さんが現れた。笑顔でガッツポーズをしたり、大きく両手を振ったりしながらタラップを降り、拍手で迎えられた。
 (松下和彦、三上元)

◆キーワード

<MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)>
 三菱重工業とその子会社、三菱航空機がてがける小型ジェット旅客機。経済産業省が事業者を公募し、これに応じた三菱重工が2008年から開発を本格化させた。座席数は約70席と約90席の機種がある。
 この日飛んだ約90席のタイプは、カタログ価格が4730万ドル(約58億円)、巡航速度マッハ0.78、航続距離は最長タイプで3770キロ。全長は35.8メートルでジャンボの約半分だ。
 「リージョナルジェット」は地方空港と拠点空港などを結ぶことを想定した座席数100席以下の小型ジェット旅客機だ。この分野では、カナダのボンバルディアとブラジルのエンブラエルが世界2強。

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。