朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  この記事を手がかりにトップへ  




この記事を手がかりに

 「ドローン宅配計画」離陸 千葉市など実証実験
   京都学園中学高等学校・伊吹 侑希子
   (朝日新聞社発行 2016年4月6日付 朝刊 35ページ)


 2015年の流行語大賞でトップテン入りした「ドローン」。ドローンとは、小型無人航空機 と訳され、無人で自動飛行させることができる小さな飛行機です。手に持てるほどの大きさで、一般の人でも買うことができます。技術の向上とともに、実用化が進み、昨年12月にはドローンの運航ルールを定めた改正航空法も施行されました。今回は「空の産業革命」といわれるドローンについて、私たちの生活にどのような影響を与えるのか、どのような問題点があるのか考えていきましょう。


 ◎ 学習のポイント ◎

(1)ドローンのメリットについて調べてみましょう。
 ドローンについて図書館で調べる場合、最新の用語なので百科事典や図鑑にはのっていないかもしれません。そこで、新語・流行語・注目の時事用語について書かれた『朝日ジュニア学習年鑑 2016』や『現代用語の基礎知識2016』などを参考にしてください。そのほか、わかりやすくニュースを解説している雑誌『ジュニアエラ』もおすすめです。ちなみに、『ジュニアエラ』2015年8月号にも「空の産業革命ドローンを使いこなせ」の記事が掲載されています。

 

(2)ドローンをどんな目的で使うことができるのか調べてみましょう。
 新聞記事の中では、荷物の運搬を目的とした活用が紹介されていましたが、瀬戸内海の離島でも宅配の実験が始まっています。そのほか、どのような場面で荷物を運ぶことができれば、より社会に役立ちそうでしょうか。
 「物を運ぶ」以外にも、ドローンは空中撮影ができるので、噴火の恐れがある火山や、事故が起きた原子力発電所に接近して情報を集めることもできます。社会に役立ちそうなドローンの使い方について、柔軟な発想で考えてみてください。

 

(3)ドローンを使うと、どのような危険性があるか考えてみよう。
 昨年、ドローンが首相官邸内に落下したほか、姫路城に衝突したという事故があり、話題になりました。新聞記事の中にも、安全対策やプライバシーの保護といった課題が挙げられていましたが、ほかにどのような危険性が考えられるでしょうか。
 また、不法に飛行しているドローンに対し、どのような対策をとっているのか、日本・海外の取り組みについて調べてみましょう。

<参考>
ドローンメディア「ドローンの危険性-事故」
 http://dronemedia.jp/accident-and-risk-of-drone/
「不審ドローン、網でキャッチ 警視庁、『新兵器』導入へ」(朝日新聞デジタル2015年12月10日)
 http://www.asahi.com/articles/ASHDB362QHDBUTIL004.html

 

(4)AI(人工知能)が社会に与える影響について調べてみよう。
 AI(Artificial Intelligence=人工知能)とは、コンピューターが大量のデータを解析し、そこからビジネスに役立つ何らかのパターンを抽出する技術です。ドローンにもこの技術が搭載され、人が無線で操作しなくても行き先さえ教えれば、ドローン自身で飛行して目的地まで行くことができるといわれています。最近、AIの技術を使って囲碁の対戦で勝利をしたり、小説を書く実験が行われたりと注目が集まっています。AIの進化とともに、社会にどのような影響をもたらすのかメリット・デメリットを考えてみてください。

<参考>
「AIと"共著"1次審査通過」(朝日新聞デジタル2016年3月22日)
 http://www.asahi.com/articles/DA3S12270008.html
「人工知能、囲碁でもプロに勝利 二段の欧州王者に」(朝日新聞デジタル2016年1月28日)
 http://www.asahi.com/articles/ASJ1X1RV7J1XUBQU004.html
(ニュースQ3)「人工知能が囲碁のプロ棋士に勝利 どこまで進化する?」
(朝日新聞デジタル2016年2月18日)
 http://www.asahi.com/articles/DA3S12214282.html

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。