朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  この記事を手がかりにトップへ  




この記事を手がかりに

 小池劇場、なびく都議
 都議選念頭、自民も一転握手
  ★学習のポイント★
          聖心女子学院初等科・岸尾祐二
        (朝日新聞社発行 2016年10月14日付 朝刊39ページ)


■ 小池東京都知事から目が離せない

 私は1986年の衆参ダブル選挙から、国政選挙があるときには子どもと一緒に政治や選挙のことを学んできました。いわゆる主権者教育の実践です。もちろん、教師が政治的に中立な立場を堅持することが前提です。今年の7月10日に投開票された参院選についても、子どもたちは自分の体験やメディアを活用して選挙や政治のことを学びました。夏休み中の7月31日に投開票された東京都知事選挙でも、自分で調べたり保護者と一緒に投票所に行ったりして多くのことを学んでいました。

 私は30年以上東京都民ですが、今ほど東京都民や全国の方たちが知事、都議会、都庁に目を向けることはなかったと思います。主権者教育の対象を国の政治や選挙にしてきた私は、身近な地方自治に目を向けることの大切さを今更ながら気がつきました。

 記事を手がかりに、小池都知事とはどのような人、豊洲市場問題はどうなる、東京五輪・パラリンピックの開催計画はどうなる、さらにどんな改革を行うかについて調べたり、考えたりしてみましょう。これから先の課題が多いので、小池都知事から目を離さないようにしましょう。


 ◎ 学習のポイント ◎

(1)小池都知事とはどんな人でしょうか
 都知事選挙では圧倒的な人気で当選した小池百合子知事、前職は自民党に所属する東京10区選出の衆議院議員でした。ニュースキャスターや参議院議員の経験もあります。経歴や現在どのようなことに力を入れているかなどを通して、政治家・小池百合子とはどんな人か調べ、自分なりの小池百合子像を考えてみましょう。

<参考>
小池ゆりこオフィシャルサイト https://www.yuriko.or.jp/
「特集 小池都政」(朝日新聞デジタル)
http://www.asahi.com/topics/word/%E5%B0%8F%E6%B1%A0%E7%99%BE%E5%90%88%E5%AD%90.html

 

(2)豊洲市場問題について調べ、考えてみましょう
 多くの一般の人が驚いたのは、築地市場の移転先の豊洲市場造成工事で、生鮮食品を扱う施設の地下に「盛り土」がされていなかったことでしょう。私もこのニュースにびっくりしてしまいました。盛り土をするから安全であると考えていた私は、なぜこんなことが起きたのか全く信じられませんでした。築地からなぜ東京ガスの跡地に移転するのか、最初から不可解なことでしたが、この豊洲問題は今後どう展開していくのでしょうか。食品を扱うのですから、都民だけの問題ではありません。この豊洲市場問題にはどのような課題があり、今後どのように展開されるのか、小池都知事の決断とともに追いかけてみましょう。もちろん決断したことの問題点も考えてみましょう。

<参考>
東京都の公式サイト
http://www.metro.tokyo.jp/index.html
東京都中央卸売市場HP「豊洲市場について」
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/
「タイムライン 築地市場の豊洲移転問題」(朝日新聞デジタル)
http://www.asahi.com/special/timeline/tsukiji-to-toyosu/

 

(3)東京五輪・パラリンピックの開催計画はどうなるかについて調べ、考えてみましょう
 2020年東京五輪・パラリンピック開催計画の見直しも、小池都知事にとって大きな課題です。五輪開催費は招致段階で7640億円と見積もられていたものが、東京都の調査チームが3兆円を超えると試算しました。調査チームは、ボートやカヌーの会場となる「海の森水上競技場」(整備費491億円)に加え、東日本大震災後の「復興五輪」の視点から宮城県登米市の長沼ボート場活用も候補地として検討。競泳会場の「アクアティクスセンター」(整備費683億円)は、東京辰巳国際水泳場の改修や規模縮小で、バレーボール会場の「有明アリーナ」(整備費404億円)は、既存の展示場改修や規模縮小での対応を求めるなど、3つの大幅な見直しを提案しました。大会組織委員会やボート・カヌー、水泳、バレーボールの各競技団体はこの動きに反対しています。
 五輪開催計画は今後どうなるか、小池都知事の決断とともに追いかけてみましょう。もちろん、決断したことの問題点も考えてみましょう。

<参考>
東京五輪・パラリンピック公式サイト
https://tokyo2020.jp/jp/
「東京五輪費用『3兆円超』 施設整備見直し提言 都調査チーム」
(2016年9月29日朝日新聞デジタル)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12583715.html
「時時刻刻 同『舟』異夢? 東京五輪、会場見直し巡り応酬」
(2016年10月19日朝日新聞デジタル)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12614293.html

 

(4)さらにどんな改革を行うのか調べ、考えてみましょう
 小池都知事は、都庁の中に保育所を開設するなど選挙で公約したことを実行しつつあります。待機児童問題は今働くお母さんにとっては切実な問題です(私の前回の「この記事をてがかりに」で取り上げています。参考にしてください)
 待機児童問題やその他の問題にどう対応していくか、調べ考えてみましょう。

<参考>
東京都のHP「待機児童解消に向けた緊急対策」
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2016/09/09/05.html

 ◎ 発展学習 ◎

 それぞれの地域には地方自治体があります。より身近な政治を実行する場としての都道府県議会、市区町村議会があります。最近、富山市議会議員による政務活動費の不正使用が見つかっていますが、私たちのためにどのようなことを行っているのか調べるとともに、問題はないのか考えてみましょう。

<参考>
「政活費、常時公開5割 領収書、ネット公開は1割未満 朝日新聞主要市区調査」
(2016年10月2日朝日新聞デジタル)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12587909.html

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。