朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  この記事を手がかりにトップへ  




この記事を手がかりに

(科学の扉)
IoT、より身近に ネット環境充実、自己流で挑む
  ★学習のポイント★
          京都学園中学高等学校・伊吹侑希子
        (朝日新聞社発行 2016年10月23日付 朝刊28ページ)


 最近、「IoT」という言葉をよく目にするようになりました。これは、Internet of Thingsの略で、読み方はイオットではなく、「アイオーティー」と読みます。一般的に「モノのインターネット」と訳され、ありとあらゆるモノがインターネットに接続する世界ということです。今回は、身の回りにある家電や家具などの「モノ」と「ネット」がつながり情報化されることで、私たちの生活にどのような変化をもたらし、未来において、どんな可能性を秘めているのか考えていきましょう。


 ◎ 学習のポイント ◎

(1)IoTによって、私たちの生活はどのような恩恵を得られるでしょうか
 都スマートフォンと家電を連携させた「スマート家電」という言葉も耳馴染みになってきました。冷蔵庫やエアコン、洗濯機とインターネットが結びつくことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。冷蔵庫とインターネットが結びついても、便利になるというイメージがわかないかもしれません。例えば、一日の電気使用量をデータ化することによって、生活のスタイルが明らかになり、電力消費をコントロールすることで節電にもつながります。
 記事にもあったように、人間の「勘」に頼らず、データとして可視化することによって、効率をよりよくすることができます。私たちの生活にIoTがどのように貢献してくれるのか考えてみて下さい。

<参考記事>
(eco活プラス)スマート家電、もっと先へ ネットにつなぎ、トータル管理
 http://digital.asahi.com/articles/DA3S12591983.html
(朝日新聞デジタル2016年10月4日)

 

(2)IoTには、どのような問題点があるのでしょうか
 記事の中でも、セキュリティについて、安全対策の必要性が指摘されていました。インターネットを経由することで、不正ウィルスの感染や情報漏洩のリスクがあります。また、どんどんネット化が進む中、デジタルデバイド(パソコン・インターネットなどの情報技術を使いこなせる者と使いこなせない者の間に生じる格差のこと)の問題をどのように解消するのかを考えておく必要もありますね。

<参考記事>
サイバー攻撃、IoT狙いか 大手ルーターも感染、販売停止に
 http://digital.asahi.com/articles/DA3S12639860.html
(朝日新聞デジタル2016年11月3日)
家電から情報漏えい? クルマにサイバー攻撃?(経済産業省・60秒解説)
 http://www.meti.go.jp/main/60sec/2016/20161021001.html
IoTセキュリティガイドライン(IoT推進コンソーシアム、総務省、経済産業省)
 http://www.meti.go.jp/press/2016/07/20160705002/20160705002-1.pdf

 

(3)IoTの活用事例を探してみましょう
 ニュースなどで「自動運転カー」について、耳にする機会が増えてきました。IoTを活用した事例として、自動運転カーを思いつく人も多いかも知れませんが、それだけではなく、医療や農業、接客や警備といったサービス業など、幅広い分野で取り入れ始められています。
より身近な事例として、歯ブラシや遊園地にもIoTが導入されたことを紹介した記事を参考に挙げておきます。皆さんも意外なところでIoTの技術にお世話になっているかもしれませんよ。

<参考記事>
(旬ネタ!!)IoT歯ブラシ スマホで磨き方をチェック
 http://digital.asahi.com/articles/DA3S12605551.html
(朝日新聞デジタル2016年10月15日)
遊園地もIoT 靴のセンサーでゲーム よみうりランド
 http://digital.asahi.com/articles/DA3S12597991.html
(朝日新聞デジタル2016年10月8日)

 

(4)IoTの導入が、社会にどのような変化をもたらすのか考えてみよう
 IoTは、生活やモノのあり方を変えるだけでなく、すべての業種にわたり産業構造自体を変化させていくことにつながります。第一次産業(農林水産業など)から第二次産業(工業など)、第三次産業(サービス業など)と移り変わってきた歴史の中で、IoTによって「第四次産業」と呼ばれる産業が生まれようとしています。製造業や流通業などさまざまな産業を巻き込んで、IoTを導入することで、新しい産業を生み出し産業構造の変革が期待されています。世界中でビジネスのデジタル化(デジタライゼーション)が進む中、日本はどのように世界に働きかけていけばよいのか考えてみて下さい。

<参考記事>
(東洋経済の眼)急拡大するIoT市場 第4次産業革命の実現期待
 http://digital.asahi.com/articles/ASJBC6VV6JBCULFA040.html
(朝日新聞デジタル2016年10月15日)
AIとともに生きる 朝日地球会議2016
 http://digital.asahi.com/articles/DA3S12626217.html
(朝日新聞デジタル2016年10月26日)
第4次産業革命 日本がリードする戦略(経済産業省・60秒解説)
 http://www.meti.go.jp/main/60sec/2016/20160729001.html

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。