朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  この記事を手がかりにトップへ  




この記事を手がかりに

 SDGsで変える「新しいものさし」で考えよう
 (朝日新聞社発行 2017年 1月31日付 朝刊 5ページ)


 国内の課題と、国境を越えて絡み合う問題。それらを同時に解決していくために国際社会が合意した「ものさし」が、持続可能な開発目標(SDGs)だ。個人の行動も重要な要素。買い物の仕方を考え、働きがいを追求することなどが、目標の達成につながる。


■日本の問題もつながっている

SDGsの目標

 日本政府がまとめたSDGs達成のための具体的施策には、「子どもの貧困対策の推進」「東日本大震災からの復興」など、国内でもよく耳にする話題が盛り込まれている。
 実は、これこそが、SDGsとこれまでの国際支援の大きな違いの一つだ。
 日々のニュースを見ていると、先進国と途上国の問題が決して切り離されたものではないことを実感させられる。国を追われる難民、米国や欧州で高まる排外主義や孤立主義、干ばつや大洪水といった異常気象――。一見、関係ないように見えても、実はどこかでつながっている。
 だから、途上国を支援するだけでなく、先進国の人たちも自らの足元から暮らしを見直し、課題に取り組もうというのが、SDGsが掲げる理念だ。

 例えば、日本で最近注目を浴びる「働き方改革」も、重要な課題の一つだ。
 ブラック企業や長時間労働が話題となり、働く人たちは疲弊している。その背景にあるのは、グローバル化が進んで競争が激しくなっていることや、海外で安い労働力を使って生産された安い製品が入ってきていることだ。途上国の人たちにとって安全で働きがいのある環境ができることは、【人や国の不平等をなくそう】(目標10)という狙いだけでなく、先進国で【働きがいも経済成長も】(目標8)追求することにも通じる。
 日本では、女性活躍がさけばれる一方、妊娠・出産を理由に退職を迫られるなど不当な扱いを受ける「マタハラ」や、育児に積極的な男性が昇進や昇給の機会を奪われたりする「パタハラ」も話題にのぼる。共働きを続けるために不可欠な保育所の待機児童問題も深刻だ。自分が抱える問題についてひとりひとりが声をあげることは、【ジェンダー平等を実現しよう】(目標5)という思いをかなえる一歩になる。



■まず、今日の買い物で

 日常生活の中にも、SDGsにつながる動きはたくさんある。短いサイクルで大量に生産されるファストファッションのおかげで、おしゃれな服を安く手に入れることができるようになった。一方で、まだ着られるのに捨てられたり、数回着ただけでたんすの肥やしになったりする服もある。こうした服を作っている国では、大量生産に伴う環境汚染や、働く人たちが酷使されていることも問題になっている。
 そんな生活への疑問は、物にあふれた暮らしを見つめ直す「断捨離」ブームや、環境や持続可能性に配慮した「エシカル(倫理的)消費」への関心の高まりにも表れている。少し高くてもお金を出す消費者が増えれば、企業も変わっていく。【つくる責任、つかう責任】(目標12)が掲げる理念だ。
 すでに多くの企業が、SDGsに向けた取り組みを始めている。資源も人材も、持続可能な仕組みを作らなければ、ビジネスを続けられないということが、見え始めているからだ。
 今日の買い物の仕方を見直すことは、SDGsで未来を変えていくことにつながっている。



■地球維持する取り組み、伝えたい

国谷裕子さん  「地球は人間なしで存続できても、私たちは地球がなければ存続できない。先に消えるのは、私たちなのです」
 SDGsのとりまとめに奔走したナイジェリア出身のアミーナ・モハメッドさんから聞いたことばが忘れられません。
 先ごろ国連の副事務総長に抜擢(ばってき)されたアミーナさんは、故郷でチャド湖を見ながら育ちました。けれども、彼女が子どものころ海だと思っていた琵琶湖の40倍もある大きな湖は、今は温暖化と灌漑(かんがい)の影響で消滅の危機にあります。
 このままだと地球がもたない。その危機感から各国が共同で変革に取り組んでいくために産み出されたのが、SDGsです。

  国谷裕子さん、SDGsへの思い

 2年半に及ぶ多国間交渉でようやくまとまった国際合意なのですが、私は2015年9月に国連総会で採択される直前まで知りませんでした。番組作りのためいろいろなアンテナを張って情報収集をしていたのに、動きがあることすら知らなかった。とても恥ずかしく思いました。
 採択目前に取材に入ったニューヨーク。SDGsの合意形成に関わった人たちの間には、地球の限界が見えてしまっているという危機感が共有されていて、SDGsを手がかりに、世界を変えていくのだという強い思いを感じました。
 けれども日本では、SDGsは積極的に取り上げられませんでした。1年以上たった今も、よく知られていません。どこまでできるかわかりませんが、SDGsを伝えていく使命を感じています。

 キャスターとして16年3月まで23年間、日本社会の課題と世界の変化を追いながら、ありとあらゆるテーマに切り込みました。そうしたなかで、ひとつの問題に向き合って解決策だと思ったことが、別の問題を引き起こすことがあり、課題解決の難しさを実感することが多くなっていました。
 そんな私にとって、SDGsとの出会いは、とても新鮮でした。地球を維持していくための17の目標から逆算して、必要な行動を考える発想。互いに深いところでつながっている課題を解決するために、経済、社会、環境などをつなげてとらえ、統合的に解決していく手法。かつてない意欲的な取り組みに、大きな可能性を感じています。
 SDGsに合致しているかどうかを問うことが、政治や経済、生活のありようを変えていく糸口になります。私たちは「新しいものさし」を、手に入れたのです。それを使いこなしていくことは、政府だけでなく、企業や市民にも求められています。
 目標の達成に向けて、日本が弱いと指摘されている分野があります。貧困やジェンダー、エネルギー、気候変動などです。一人ひとりの認識が変わらなければ、達成は遠のくばかりではないでしょうか。
 情報の発信と共有が必要です。私もメディアの一員として、SDGsを広めていくお手伝いができたらと思っています。

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。