朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  この記事を手がかりにトップへ  




この記事を手がかりに

 東京五輪、15種目増 女子選手参加増えそう
 若いファン層開拓期待
  ★学習のポイント★
            京都学園中学高等学校 伊吹侑希子
        (朝日新聞社発行 2017年 6月11日付朝刊25ページ)


 みなさんは、何かスポーツに取り組んでいますか? それとも、スポーツ観戦が好きですか? 普段、どんなスポーツに親しんでいるのでしょうか?  2020年に開催される東京オリンピックの準備が着々と進められ、6月9日には実施種目が確定し、新たに15の種目が増えることとなりました。今回は、この記事を手がかりに「オリンピック」が果たす役割について考えていきましょう。


 ◎ 学習のポイント ◎

(1)オリンピックの目的・提案者について調べてみよう
 オリンピックはいつごろから始まり、誰が提案したのでしょうか。
スポーツの祭典として注目される「オリンピック」の目的と意義・提案者・開催が始まった年について調べてみましょう。加えて、オリンピックシンボルである五輪マークには、どんな意味が込められているのでしょうか。調べてみると、オリンピックの目的・意義に対する理解がより深まるでしょう。

<参考>
・高峰修編著「スポーツ教養入門」(岩波ジュニア新書・2010年)
・公益財団法人 日本オリンピック委員会「オリンピックの歴史」
  http://www.joc.or.jp/column/olympic/history/

 

(2)オリンピックでどんな競技が行われてきたのか調べてみよう
 オリンピックの実施種目は、時代の流れとともに変化しています。東京大会では、都市型スポーツとして、3人制バスケットボールや自転車のBMXフリースタイルなどを導入することで、若者の関心をひきたいという大会主催者のねらいもみえます。
 オリンピックで、どのような競技が実施されてきたのか調べてみましょう。また、なぜ、そのスポーツ種目が追加されたのか。どのようにして、そのスポーツが人々に親しまれるようになっていったのか。その理由も考えてみましょう。

<参考>
・「近代オリンピック100年の歩み」(ベースボール・マガジン社・1994年)
・阿部生雄・寺島善一・森川貞夫監訳「スポーツの世界地図」(丸善出版・2012年)

 

(3)スポーツの競技人口について調べてみよう
 記事の中では、「男女の参加比率を半々にする」という目標が書かれていました。現在、各スポーツ競技に取り組む人口はどのくらいなのでしょうか。男女比率も含めて調べてみましょう。また、年度ごとに比較すると、どのスポーツの競技人口が増えているのでしょうか。スポーツに取り組む人が増えている競技について、なぜ増えたのか理由も考えてみましょう。

<参考>
・総務省統計局「統計からみたスポーツの今昔」
 5年ごとに実施される社会生活基本調査は、生活時間の配分や余暇時間における主な活動の状況など、国民の社会生活の実態を明らかにすることを目的としています。
  http://www.stat.go.jp/data/topics/topi640.htm

・笹川スポーツ財団「スポーツライフ・データ」
 年齢別に18歳以上、青少年(10~19歳)、子ども(4~9歳)の3つに分類し、日本のスポーツライフの実態について「スポーツ活動に関する全国調査」を実施し、結果を報告書にまとめています。
  http://www.ssf.or.jp/research/sldata/tabid/326/Default.aspx

 

(4)オリンピックが果たせる役割について考えてみよう
 オリンピックの開催により、経済効果や海外交流の深化が期待される一方、巨額な大会運営費や治安、宿泊先の確保など様々な課題が挙げられます。今回の記事では、スポーツ種目やスポーツ人口に着目されています。スポーツを広めるという視点から、オリンピックを通じてどのようなことに取り組めるのか考えてみましょう。
 参考記事として、「スポーツ嫌いの子、だめですか」をぜひ読んでみてください。
 スポーツ庁の昨年度の調査では、運動やスポーツが「嫌い」か「やや嫌い」な中学生は16.4%と微増傾向にあるため、同庁は5年かけて8%に半減させる目標を「スポーツ基本計画」の中で打ち出しました。この計画に対し、ネット上では「強制しないでほしい」「余計嫌いになる」「嫌いで何が悪い」などの意見が出ています。みなさんは、この結果をどう捉えますか?
 このような調査結果を踏まえて、どのような人を対象に、どのような取り組みができるのか、考えてみてください。

<参考>
・(ニュースQ3)スポーツ嫌いの子、だめですか(2017年6月1日朝日新聞デジタル)
  http://digital.asahi.com/articles/DA3S12965985.html

 

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。