朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  この記事を手がかりにトップへ  




この記事を手がかりに

 沖ノ島、一括で世界遺産
 ユネスコ 「除外」4資産も復活
  ★学習のポイント★
            大阪市立昭和中学校・植田恭子
        (朝日新聞社発行 2017年 7月10日付朝刊30ページ)


 1992年、日本はユネスコの世界遺産条約(世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約)を締結し、翌年「法隆寺地域の仏教建造物」及び「姫路城」の2件が文化遺産として、「白神山地」及び「屋久島」の2件が自然遺産となりました。今回の「『神宿る島』宗像(むなかた)・沖ノ島と関連遺産群」の登録で国内の文化遺産は17件、自然遺産と合わせた世界遺産は21件になります。
「沖ノ島 一括で世界遺産」の記事を手がかりに考えていきましょう。


 ◎ 学習のポイント ◎

(1)「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」に登録された構成8資産について調べてみよう
 「おきのしま」と聞いて、まず思い浮かべるのは島根県の「隠岐諸島」という方も多いのではないでしょうか。千葉県や高知県、和歌山県にも「おきのしま」がありますね。今回、世界文化遺産に登録されたのは、福岡県の「『神宿る島』宗像・沖ノ島」です。文化庁のWebページに沖ノ島関連遺産群に関する情報があります。島全体が宗像大社のご神体で、厳しいおきてがあり、女人禁制である「沖ノ島」。登録決定前に上陸を許可された記者のレポートを読んでみましょう。記者の方々も海水で身を清め、禊(みそぎ)をして上陸しています。

<参考>
・文化庁のサイト「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」
 www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/shokai/sekai_isan/ichiran/munakata_okinoshima.html
・素っ裸になって海水でみそぎ 「神宿る」沖ノ島上陸ルポ(2017年7月10日朝日新聞デジタル)
  http://digital.asahi.com/articles/ASK734V95K73TLZU003.html
・孤高にして神秘 「沖ノ島 神宿る海の正倉院」展(2017年7月18日朝日新聞デジタル)
  http://digital.asahi.com/articles/DA3S13042582.html

 

(2)日本の世界遺産21件について整理してみよう
 日本の世界遺産については、登録年と記載物件名の一覧表が新聞にも掲載されていますが、文化庁や環境省の世界遺産の一覧を見ると、21件の日本の世界遺産(文化遺産17件、自然遺産4件)の詳しい情報を得ることができます。日本地図で世界遺産の位置を確認してみましょう。あなたはいくつ知っていましたか。白地図を用意して、調べたことを書きこみ、オリジナルの「世界遺産 日本編」を作ってみるのも楽しいですね。
 世界地図を用意すれば、「世界遺産 世界編」です。時間のある夏休みに挑戦してみましょう。

<参考>
・文化庁のサイト「世界遺産」
 http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/shokai/sekai_isan/
・環境省のサイト「日本の世界自然遺産」
 http://www.env.go.jp/nature/isan/worldheritage/

 

(3)世界遺産「登録審査」の流れを調べてみよう
 世界遺産登録にはどのような手続きが必要なのか。「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」登録に至るまでは、さまざまな紆余(うよ)曲折がありました。ユネスコの諮問機関が、構成8資産のうち4資産について「除外」するように勧告しましたが、世界遺産委員会は逆転で一括登録を認めたという経緯があります。世界遺産をめぐるさまざまな動きについて調べてみましょう。
 世界遺産に関する本はたくさん出版されています。図書館を活用しましょう。
 世界遺産検定に挑戦してみるのもいいかもしれません。

<参考>
・文化庁のサイト「世界文化遺産への登録まで」
  http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/shokai/sekai_isan/toroku.html
・世界遺産検定のサイト
  http://www.sekaken.jp/

 

(4)「世界遺産」のもつ意味と意義を考えよう
 1978年に12件の登録から始まった「世界遺産」の登録が、2014年には1千件を突破しました。昨年には、1国の推薦枠を年1件に制限することが決まっています。制度をめぐっての課題や最近の傾向などについて、朝日新聞デジタルの「教えて!世界遺産」(8回シリーズ)に詳しい情報があります。
 この記事をもとに「世界遺産」の意味と意義を考えていきましょう。制度は時間が経過すると形骸化していきます。そもそも「世界遺産」とは何か。どのような意味をもっているのかを話し合ってみましょう。

<参考>
・「教えて!世界遺産」(8回シリーズ)(2017年6月28日~朝日新聞デジタル)
  http://www.asahi.com/topics/word/oshiete.html
              ※朝日新聞デジタルの「教えて!」シリーズ一覧

 

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。