朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  この記事を手がかりにトップへ  




この記事を手がかりに

 衆院選 主要政策 各党論戦
  ★学習のポイント★
            聖心女子学院初等科・岸尾祐二
            (朝日新聞社発行 2017年10月11日付朝刊 3ページ)


 18歳選挙権へのパスポート

 この数回、私の担当はテーマが堅いのではと思っていました。今回はほのぼのとした話題をと思っていたのですが、突然の衆議院解散が起こり、10月22日(日曜日)投開票となってしまいました。現在、私が関心をもって取り組んでいるテーマの1つが主権者教育です。2016年7月には、国政では初めてとなる18歳選挙権施行の参議院選挙に合わせて、上智大学の田中治彦教授らと一緒に編著『やさしい主権者教育 18歳選挙権へのパスポート』東洋館出版社を出版しました。そこで、政治に関心をもつ教育はとても大切なテーマですので、今回も堅いテーマの衆院選を取り上げました。できるだけやさしく試みますので、どうぞお付き合い下さい。

この記事を手がかりに、衆院選でどのような選挙活動が行われ、国民はどのような選択をし、各政党はどうなるか、政治はどのようになっていくか考えてみましょう。



 ◎ 学習のポイント ◎

(1)衆院選での選挙活動を振り返ってみましょう
 衆院選が終わってから選挙活動を振り返るには、次の2つの視点がおすすめです。

「選挙の街ウォッチング」
 選挙が公示してから街はどのように変化したか、実際に振り返ってみましょう。「立候補掲示板」「ポスター」「選挙事務所」「選挙カー」「立会演説」「演説会」「ビラ配り」など。

「投票所に行ってみよう」
 18歳未満の方でも保護者が一緒に行けば必ず投票所に入れます。投票所はどうなっているか実際に見てみましょう。どんなようすだったか振り返ってみましょう。行けなかった場合、投票に行った親や知り合いに投票所のようすを聞くこともできます。
 自分の体験をもとに振りかえってみましょう。

 

(2)国民はどのような選択をしたのか、調べてみましょう
 以前はテレビの「開票ライブ」で刻々と開票状況が明らかになっていくことに注目していました。しかし、最近は事前の調査や投票後の出口調査などから、投票締め切りの午後8時の時点で大勢が判明してしまいます。接戦の候補者や比例代表で各党がそれぞれ何議席とるかなど最後まで分からないこともありますが…。
 午後8時以降のテレビ番組や翌日の朝刊以降の新聞などで、それぞれの政党が何議席獲得したか調べてみましょう。新聞社のホームページでも確認できますし、選挙までどのような報道があったか調べることができます。

<参考>
・朝日新聞デジタルには「2017衆院選」のサイトがあります。
 http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2017/

 

(3)衆院選後、各政党にどのような変化があるか、調べてみましょう
 選挙後の政党再編の動きも注目されます。与党の自民党や公明党、参院で統一会派を組む日本のこころ。野党の希望の党、立憲民主党、共産党、日本維新の会、社民党。それぞれ今回の衆院選終了後にどのような変化があるか調べてみましょう。今回の衆院選前に誕生した希望の党と立憲民主党はどうなるのでしょうか。民進党の所属から無所属で立候補し当選をした人たちもある程度予想されます。そんな無所属で当選した人たちが今後どのように行動するかも注目してみましょう。

<参考>
各政党のホームページ(公示前勢力順)
・自民党    https://www.jimin.jp/top.html
・希望の党   https://kibounotou.jp/
・公明党    https://www.komei.or.jp/index_st.html
・共産党    http://www.jcp.or.jp/
・立憲民主党  https://cdp-japan.jp/
・日本維新の会 https://o-ishin.jp/
・社民党    http://www5.sdp.or.jp/
・日本のこころ https://nippon-kokoro.jp/

 

(4)これから日本の政治はどうなっていくのでしょうか
 衆院選後に召集される特別国会で内閣総理大臣が選ばれます。その後、各大臣が決まり組閣されます。本格的に新たな政治がスタートされます。11月上旬にはアメリカのトランプ大統領が来日します。今後の日米関係はどうなるのでしょうか。北朝鮮のミサイル発射も深刻な問題です。学校ではJアラートの訓練も行われるようになりました。手がかりにした記事には、「憲法改正」「消費増税」「原発再稼働」が論争点としてあげられています。これらの問題は今後どうなるか、メディアを通して追いかけてみましょう。

<参考>
・首相官邸のホームページ http://www.kantei.go.jp/

 

 ◎ 発展学習 ◎

 世界各国の首脳はどのように選ばれるのでしょうか。ちなみに、主要7カ国首脳会議(G7サミット)に出席する首脳は、アメリカは大統領、イギリスは首相、カナダは首相、ドイツは首相、フランスは大統領、イタリアは首相、日本は首相です。その他の国々も含めて、首脳はどのように選ばれるのか調べてみましょう。

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。