現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
NIE 教育に新聞を >
この記事を手がかりに >
記事

ネット依存、中高生52万人 「睡眠の質が悪い」59% 厚労省研究班推計

8月2日付朝刊1ページ 1総合

印刷

 「使用時間を短くしようとするとイライラする」などインターネット依存の疑いが強い中高生が推計で全国に52万人いることが、厚生労働省研究班の調査でわかった。中高生を対象にした全国規模の調査は初という。多くの若者がパソコンやスマートフォンなどで情報交換やゲームに没頭し、日常生活や健康に影響が出ていると指摘する。

 研究班(研究代表者=大井田隆・日本大学教授)は昨年度、全国の中学・高校から無作為に選んだ264校に調査票を送り、生徒に記入を依頼。約7割の約10万人が回答した。分析は米国などで使われるネットへの依存度をはかる評価法を使った。「問題や不安から逃げるためネットを使うか」などの8問中5問以上にあてはまると、「依存の疑いが強い」と分類した。

 その割合は中学生の6%、高校生の9%で、中高生全体の8%。全国の中高生数で計算すると51万8千人と推計された。依存の割合は男女別では女子10%、男子6%。女子が高い理由について研究班は「チャットやメールを多く使うため」とみている。日常生活や健康にも影響がみられ、59%が「睡眠の質が悪い」と答え、依存がない人の2倍近く。「午前中に調子が悪い」は24%と、依存がない人の3倍近かった。

 全員に使用時間も聞いた。最も長い傾向だったのは高校生女子で、「平日で5時間以上」は15%。高校生男子は14%だった。中学の男女はともに9%。厚労省研究班による似た調査では、大人の依存割合は2%程度で、中高生はその4倍も高かった。

 久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)にはネット依存の専門外来がある。研究班メンバーの樋口進院長は「本人は病気の認識がないケースがほとんどなので、子どもの生活が昼夜逆転し始めたら注意が必要だ」と話した。

 ネット依存の改善法として専門家は、使った時間の記録をつける、スポーツや読書などネットの他に夢中になれることを見つけるなどをあげる。(辻外記子)


バックナンバー

過去記事一覧

NIE 教育に新聞を

 新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。ご感想・お問い合わせなどは、NIE事務局(ファクス03・5540・7469)まで。