現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
NIE 教育に新聞を >
この記事を手がかりに >
記事

(2012世界発) アルゼンチン、物価の闇 インフレ率操作、政府に疑惑

東京都墨田区立小梅小学校・堀口 友紀

印刷

 アルゼンチンでは、子どもたちのあこがれ・ビッグマックが格安で買えるようなのです。でも、その理由が「お国の事情?」とは、びっくりですね。

 アルゼンチンといえば、サッカーが強い国。小学生時代から注目され、「5人抜き」など伝説的なプレーを連発したディエゴ.マラドーナが思い浮かびます。国際サッカー連盟(FIFA)が選出する2012年の年間最優秀選手「FIFAバロンドール」に輝いたメッシもアルゼンチン代表。スペインのクラブチーム「FCバルセロナ」に所属しています。

 国別の選手権大会「ワールドカップ」の知名度にはかないませんが、クラブチームにも世界一を争う「クラブワールドカップ」があります。毎年12月に開かれていて、2011年、12年は日本で行われました。(2013、14年はモロッコで開催予定)。

 クラブワールドカップは、世界を6大州(欧州、南米、北中米、アジア、アフリカ、オセアニア)の王者と開催国のリーグチャンピオンが集まるFIFA主催の大会です。2012年は、南米代表のコリンチャンス(ブラジル)が欧州勢の6連覇を阻止しました。

 ●学習のポイント

 (1)クラブワールドカップの「六つの州」の境界は?

 クラブワールドカップでいう六大州では、どの国がそれぞれの州の境界線になるのでしょう。調べて白地図に線を入れ、分けてみましょう!

 (2)アルファベットの略称を探そう!

 記事には、IMF、NGOなどアルファベットで略される言葉が多く登場しますね。国際面ではとくによくみかけます。他にはどんな言葉があるでしょうか。新聞をめくって探してみよう。

 (3)公定価格品とは?

 「公定価格品」とは聞き慣れない言葉ですね。どういうものでしょうか? 文章からさがしましょう。

 みなさんはビッグマックを見たことがあるでしょうか。私は、まだ食べたことがありません。
ビッグマックは、通貨価値や物価の国際比較でよく使われているそうです。
60秒チャレンジで、最近話題のマクドナルド。どこの国に行っても見かけるマクドナルド。
世界共通だからこそ、比較もできます。

 (4)ペソ、円、ドル、ユーロ。ほかには?

 国には通貨があります。記事にあるように、アルゼンチンは「ペソ」ですね。
日本は円(¥)。
アメリカはドル($)。
ヨーロッパ圏はユーロ(€)を使うようになった国が多いですね。
ほかにどんな通貨を知っていますか?
南米の通貨はあまり馴染みがないかもしれません。この機会に調べてみましょう。

 ちなみに、アルゼンチンは2012年7月、「エビータ」の愛称で親しまれた故ペロン大統領の妻、エバ夫人の肖像が描かれた100ペソ紙幣を新たに発行すると発表しました。

 彼女の没後60周年を記念したもので、絵画のようなきれいな紙幣ですが、市中ではまだほとんど見られないそうです。

バックナンバー

過去記事一覧

NIE 教育に新聞を

 新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。ご感想・お問い合わせなどは、NIE事務局(ファクス03・5540・7469)まで。