現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
NIE 教育に新聞を >
この記事を手がかりに >
記事

(長野・食材の旅)世界で諏訪地方だけが産地・角寒天 茅野市 (長野版)

信州大学教授・小山 茂喜

印刷

 日本各地に、その地域の自然環境を生かした文化や産業があります。それらには先人の知恵が詰まっています。この記事の「世界で諏訪地方だけが産地」という見出しにあるように、長野県茅野市の寒天づくりもそのひとつです。

 田んぼにきれいに並べられる茅野の寒天作りは、中央東線を走る列車の窓から見える冬の風物詩として有名でした。

 この記事をきっかけに、長野県諏訪地方の文化や産業の特色を調べてみましょう。発展学習として、自分の住んでいる身近な地域についても調べてみましょう。

 ●学習のポイント

 (1)寒天いろいろ? 寒天にはどんな種類があるのでしょう。

 寒天といっても、茅野でつくられているのは角寒天。寒天にはほかにもいろいろな種類があります。どのような寒天があるのか、どこで生産されているのかなどくわしく調べてみましょう。

 また、原料や原料の産地についても調べてみましょう。

 (2)寒天の歴史は?

 紙面でも少し触れられていますが、寒天の歴史についてくわしく調べてみましょう。なぜ諏訪地方で角寒天が生産されるようになったのか、原料産地との関係も関連づけて調べてみましょう。

 また、なぜ寒天と名付けられたのかなど、食文化の歴史という視点で調べてみるのもおもしろいと思います。

 (3)なぜ長野県諏訪地方だけが産地なの?

 「世界で諏訪地方だけ」という見出しはインパクトがありますね。

 諏訪地方の自然環境や社会的な環境を確認し、諏訪地方で寒天づくりが盛んになった理由をくわしく調べてみましょう。自然条件だけでなく、社会的な条件も大切な視点です。特に、寒天づくりに関わった人たちについて調べてみることは大切なことです。

 (4)寒天はどのように使われている?

 数年前、健康に良いということで寒天ブームが起き、寒天を活用した食品がいろいろと提案されました。まず、寒天を活用した食べ物作りにチャレンジしてみましょう。

 また、現在では食材だけでなく、さまざまな用途で利用されています。どのようなところに利用されているか調べてみましょう。

 ●発展学習として

 (1)諏訪地方の寒天生産は、生産される時期の関係もあって、以前は「出稼ぎ」の人たちが多くかかわっていました。みなさんは、「出稼ぎ」という言葉を聞いたことがありますか?

 「出稼ぎ」についても、くわしく調べてみましょう。

 (2)あなたの住んでいる地域にも「世界で一つだけの」、あるいは「日本で一番の」特産品があるかもしれません。調べてみましょう。また、その特産品を生んだ自然や文化、歴史的背景を探ってみましょう。

バックナンバー

過去記事一覧

NIE 教育に新聞を

 新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。ご感想・お問い合わせなどは、NIE事務局(ファクス03・5540・7469)まで。