現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
NIE 教育に新聞を >
この記事を手がかりに >
記事

(ニュースがわからん!)「『水俣条約』ってどんな内容?」

聖心女子学院初等科・岸尾 祐二

印刷

 ●「水俣条約」から環境を考える

 「水俣条約」に関する記事が各社の新聞に載せられています。かつて、小学校社会科教科書の執筆のために水俣を訪ねたことがありました。原因とされる工場、水俣病に関する資料館、胎児性水俣病の患者さんが入院している病院などを訪ね、地元のメディア関係者に取材をしました。水俣病は公害の歴史と未来に向けて決して忘れてはいけないことと強く感じました。

 記事を手がかりに、水俣病の歴史と今について、水俣の今と未来について、「水俣条約」とは何か、環境に関する条約について、調べたり考えたりしてみましょう。

 (1)水俣病の歴史と現状はどうなっている

 アウルさんの「健康被害?」という質問に対して、「大気から川や海に流れ込んだ水銀は魚介類に蓄積される。高濃度の魚介類を人がたくさん食べると、神経をおかされる危険がある。半世紀ほど前の水俣病被害は、大量の水銀を含む工場排水で海が汚染されたのが原因だった」と回答されています。水俣病とは何が原因で、どのような症状であったのか、現在患者さんはどのような状況なのか調べてみましょう。

 2012年に亡くなった原田正純さんは、患者さんに向き合い水俣病を追及された方です。当時熊本大学の先生であった原田さんの行動についても考えてみましょう。

 (2)水俣市の今と未来はどうなんだろう

 水俣病という公害の歴史を残す水俣市は現在、どのような街になっているでしょうか。小学校社会科の教科書の記述にもありますが、環境に配慮した取り組みがいろいろなところで見られるようです。一方、水俣という名前だけで商品が売れないという問題もあるようです。水俣市の現状、これからの姿について調べてみましょう。

 (3)水俣条約とはなんだろう

 アウルさんの「どんな内容なの?」という質問に対して、「水銀を使った血圧計や、水銀が一定量を超える蛍光灯などの製造を20年から禁止するほか、輸出入も認める用途を限る。大気への排出を抑えるため、新設する石炭火力発電所などには最良の設備を義務づけるなど、幅広く規制する」と答えられています。また、後ろから2番目の答えには「日本政府が『水俣病の教訓を世界で共有し、水銀対策に取り組む』として提案したんだ。でも患者団体やNGOなどからは『内容が不十分』という批判や命名への反対意見もある」とあります。記事にある「水俣条約のポイント」も参考にして、水俣条約とはどのような条約なのか、どのような問題があるのか調べたり考えたりしましょう。

 (4)環境に関する条約にはどんなものがあるか

 「水俣条約」は2016年に発効を目標にしている条約です。環境に関する条約には、すでに動植物の輸出入に関するワシントン条約や湿地の保護に関するラムサール条約などがあります。環境に関する条約にはどのようなものがあるか調べてみましょう。

バックナンバー

過去記事一覧

NIE 教育に新聞を

 新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。ご感想・お問い合わせなどは、NIE事務局(ファクス03・5540・7469)まで。