現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
NIE 教育に新聞を >
この記事を手がかりに >
記事

(乃木坂46と、まなぶ)キラッ、はじける好奇心 女子トークで時事問題

慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科(元公立中学教員)・有馬 進一

印刷

 アイドルグループ「乃木坂46」が、新聞を題材にしてことばの力や社会問題について学ぶ企画がスタートしました。夕刊のこの記事を入り口に、今回は紙の新聞ではなくWebサイト「乃木坂46と、まなぶ」を見てみましょう。このサイトには、動画もあり、握手会でアイドルを身近な存在として感じられるような、親しみやすい学びのスタイルを予感させてくれます。

 「AKB48」の公式ライバルとして活躍が期待されていることもあり、33人のメンバー一人ひとりの高精細の写真もアップされていて、乃木坂46ファンならずとも見入ってしまいそうです。それでは、さっそくアクセスしてみましょう。

 「乃木坂46と、まなぶ」
 http://t.asahi.com/a25g

 (注)ここで紹介するサイトは、すべて無料ではありません。有料の会員登録が必要になりますので、予めお断りしておきます。

 学習のポイント

 (1)新企画「乃木坂46と、まなぶ」の内容について調べてみましょう。

 このホームページには、アイドルたちの清々しい学びの姿勢が全面に打ち出されています。「乃木坂46が聞く!」や「チャレンジ!検定」などが目を引きます。ホームページ全体をながめ、彼女たちがどのようなことに挑戦しようとしているのか、書き出してみましょう。

 (2)「乃木坂46が聞く!」から、インタビューする際のポイントをまとめてみましょう。

 第1回目は、インタビューの仕方を学ぶために、フリーアナウンサーの平井理央さんにインタビューの極意を伝授してもらう内容です。インタビューのレッスンの様子を動画で見てみましょう。平井さんは、どのようなアドバイスをしているでしょう。

 動画を見ての印象と記事になったものを読んだ印象とでは、どんな点に違いがあるのでしょう。デジタルと紙、動画と写真の違いを対立させるより、関連づけて考えてみましょう。動画と記事が相互に補い合って、より理解が深まることはあるのでしょうか。第2回目は、宇宙飛行士の星出彰彦さんへの初の実践インタビューです。さて、うまくインタビューできたのでしょうか。

 (3)「乃木坂46」の皆さんの様子を、ネットで授業参観してみましょう。

 「チャレンジ!検定」のコーナーに、「新聞で学ぶ」授業と題して、その1とその2が動画と記事で紹介されています。指名されてドッキリしたり、グループで楽しそうに意見交換したりする場面を見ることができます。

 いつもの皆さんとは違う立場になりますが、授業の見学をさせていただき、新聞で学ぶことでどのような力が見につくのか考えてみましょう。

 乃木坂、時事問題でガールズトーク 新聞使って「授業」
 http://digital.asahi.com/articles2/TKY201303130547.html?ref=comkiji_redirect

 目指せ知的アイドル!乃木坂46の気になる記事は?
 http://digital.asahi.com/articles2/TKY201303130596.html?ref=comkiji_redirect

 (4)「乃木坂Choice」をのぞいてみましょう。

 このコーナーには、メンバーが選んだ記事とコメントが記されています。短い文章であっても、継続的に自分の意見を書くことで、「思考・判断・表現する力」が知らず知らずのうちに身についてきます。乃木坂46の皆さんも、1日おきにアップしています。新聞を読んでどれだけの力が身についたのか、乃木坂46と一緒に、年2回ある「語彙・読解力検定」に挑戦してみてはどうでしょう。

 乃木坂Choice
 http://www.asahi.com/edu/nogizaka46/list/choice.html

 (参考)「語彙・読解力検定」
 http://www.goi-dokkai.jp/

 発展学習

 よのなか科の授業の様子は、毎月第一日曜日の紙面で紹介されます。ディベートなどにも挑戦するそうですが、「よのなか科」ではどのようなことを学ぶことになるのでしょう。藤原和博さんの授業構成の巧みさとも相まって、楽しみなコーナーになりそうです。

バックナンバー

過去記事一覧

NIE 教育に新聞を

 新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。ご感想・お問い合わせなどは、NIE事務局(ファクス03・5540・7469)まで。