現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
NIE 教育に新聞を >
この記事を手がかりに >
記事

30年 とけない魔法/東京ディズニーリゾート

聖心女子学院初等科・岸尾 祐二

印刷

 TDRその歴史と魅力を探る

 東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)が、2013年4月15日に開業30周年を迎えました。子どもから年配の方まで楽しむことができるテーマパークとして抜群の人気を持ち続けています。私も20年以上前にアメリカのカリフォルニア州アナハイムのディズニーランドに行ったことがありますが、家族で楽しむ姿を見て日本のディズニーランドもそうなるのでは、と思いました。その後子どもを連れて何回か行ったことがありますが、いつまでも帰りたがらない子どもの姿が印象的でした。

 記事を手がかりに、30年の歴史、何が魅力なのか、世界のディズニーリゾート、ウォルト・ディズニーについて調べたり考えたりしてみましょう。

 1.TDRの30年をたどってみましょう。

 記事についている図に「東京ディズニーの30年」があります。エレクトリカルパレード、年間パスポート、スプラッシュ・マウンテン、ディズニーアンバサダ―ホテル、東京ディズニーシー、タワー・オブ・テラーなど30年の間に新たに導入された仕組みや施設について調べてみましょう。

 2.TDRは何が魅力なのでしょう。

 記事には「結婚式・割引 3世代満喫」「グッズ 毎年2割更新」「ブログ 口コミ広がる」という見出しがあり、関連する内容が書かれています。それぞれの内容や東京ディズニーの公式ホームページなどから、その魅力を探ってみましょう。公式ツィッター、ブログ、フェイスブックにも注目してみましょう。

 3.世界のディズニーリゾートの特色は?

 ディズニーリゾートがあるのは、日本だけではありません。現在、TDRのほか、フランスのパリ、中国の香港、アメリカのカリフォルニアとフロリダにあります。それぞれどんなところなのか調べてみましょう。また、世界のディズニーリゾートにはどのような特色があるのかホームページなどで調べてみましょう。所在地と、それぞれのリゾートの特色には関係があるのでしょうか。

 4.ウォルト・ディズニーとはどんな人だったのでしょう。

 ディズニーランドの生みの親はウォルト・ディズニーです。ウォルト・ディズニーは、アメリカのイリノイ州シカゴに生まれました。アニメーター、プロデューサー、映画監督、声優、実業家などいろいろな仕事に携わってきました。「ミッキー・マウス」の生みの親として有名ですね。1966年に亡くなったウォルト・ディズニーはどのような夢を持ちディズニーリゾートの開発を進めたのか調べ考えてみましょう。ホームページなどを参考にしましょう。

バックナンバー

過去記事一覧

NIE 教育に新聞を

 新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。ご感想・お問い合わせなどは、NIE事務局(ファクス03・5540・7469)まで。