現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
NIE 教育に新聞を >
この記事を手がかりに >
記事

化学兵器禁止機関に平和賞 ノーベル賞委、廃棄活動評価

千葉県市川市立塩焼小学校・武藤 和彦

印刷

 ノーベル賞の季節。今回も文学賞受賞を期待されていた日本人作家、村上春樹さんは受賞せず、とても残念でした。イギリスのブックメーカー(賭け事をまとめる会社)の事前予想でも、村上さんが断トツの1位でした。それが、ふたを開けたら、予想を裏切ってカナダの女性作家、アリス・マンローさんが受賞しました。巷の思いが通じないのが、このノーベル賞なのでしょうか。そこで今回は、この賞について一緒に考えてみましょう。

●学習のポイント

 (1)ノーベル賞は、誰が、何を目的に創設したのでしょう。

 スウェーデン生まれのアルフレッド・ノーベル(1833〜1896)の名から命名された賞です。彼は発明家・企業家で、ダイナマイトをはじめとする様々な爆薬の開発・生産によって巨万の富を築きました。しかし、爆薬や兵器で財産を増やしたことへの世間からの批判もあり、「毎年の利子について、前年に人類のために最大たる貢献をした人々に分配されるものとする」と遺言に書き、亡くなりました。

 これが創設のきっかけで、今年は1つの部門の賞につき800万クローナ(約1億2千万円)の賞金が受賞者に授与されました。

 (2)ノーベル賞にはいくつの部門がありますか。また、日本人の受賞者について調べてみましょう。

 物理学賞、化学賞、医学生理学賞、文学賞、平和賞、経済学賞(正式にはアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞)の6部門があります。近年では、皮膚細胞などから様々な細胞に変化できるiPS細胞(人工多能性幹細胞)の開発に成功し、昨年医学生理学賞を受賞した京都大の山中伸弥(やまなかしんや)教授が有名ですね。

 (3)今年、平和賞を授賞した「化学兵器禁止機関(OPCW)」とは何でしょう。

 1997年に発足し、オランダのハーグに本部のある機関です。今回は、シリアのアサド政権が保有する計約1千トンとされる化学兵器の廃棄作業に着手したといわれています。みなさんも、8月にシリアで化学兵器を使ったとされる攻撃が起き、苦しんでいた人たちの映像や写真を新聞やテレビで読んだり、見たりしたことでしょう。そこから、「化学兵器禁止機関(OPCW)」の必要性が感じられれば、この機関の存在意義を知ることになります。

(4)世界から化学兵器が根絶されるためのメッセージを考えてみましょう。

 唯一の被爆国であり、地下鉄サリン事件を目の当たりにしてきた日本人として、世界に訴えるメッセージには説得力があります。日本の歴史を踏まえて、考えをまとめてみましょう。

●発展学習

 ノーベル賞以外にも世界的な権威のある賞がいくつもあります。音楽、映画、報道・スポーツ等の分野は特に有名です。調べてみましょう。

バックナンバー

過去記事一覧

NIE 教育に新聞を

 新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。ご感想・お問い合わせなどは、NIE事務局(ファクス03・5540・7469)まで。