現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
NIE 教育に新聞を >
ののちゃんのDO科学 >
記事

宇宙のゴミはどうするの?

長野県・岩下邦春(いわしたくにはる)さん(64)からの質問(朝日新聞社発行 2013年11月02日付be)

印刷

拡大クリックすると拡大します

 ◇ののちゃん 宇宙(うちゅう)ステーションで出(で)たゴミを積(つ)んだ日本(にほん)の宇宙船(うちゅうせん)が、地上(ちじょう)に向(む)かって落(お)ちてきて、燃(も)え尽(つ)きたんだって。宇宙はすごく広(ひろ)いのに、ゴミは捨(す)てちゃダメなの?

 ◆藤原先生 9月(がつ)に地球(ちきゅう)に突入(とつにゅう)した「こうのとり」のことね。宇宙では「デブリ」と呼(よ)ばれる宇宙ゴミが増(ふ)えているのよ。

 ◇のの 宇宙のゴミってなんなの?

 ◆先生 使(つか)わなくなった衛星(えいせい)や切(き)り離(はな)されたロケットの胴体(どうたい)などね。最(もっと)も多(おお)いのは、それらが爆発(ばくはつ)したり、ぶつかったりして飛(と)び散(ち)った破片(はへん)よ。ミサイルで衛星を壊(こわ)す実験(じっけん)なども行(おこな)われたので一気(いっき)に増えてしまい、深刻(しんこく)になってきたの。

 ◇のの どのくらいあるの?

 ◆先生 10センチ以上(いじょう)のゴミが約(やく)2万(まん)個(こ)。もっと細(こま)かいのだと1億(おく)個以上あるわ。

 ◇のの 小さなゴミぐらい、あっても困(こま)らないんじゃないの?

 ◆先生 こうしたゴミは、地球の重力(じゅうりょく)に逆(さか)らう速(はや)さで宇宙に飛び出したものよ。だから、すごい速さなの。ののちゃんは野球選手(やきゅうせんしゅ)が投(な)げた小(ちい)さなボールがぶつかっても平気(へいき)?

 ◇のの ぞぞっ、痛(いた)そう。

 ◆先生 宇宙ゴミはもっと速いわ。ゴミの衝突速度(しょうとつそくど)は秒速(びょうそく)10キロくらいが多いけど、1センチのアルミ玉(だま)がこの速さでぶつかると、重(おも)さ180キロの金庫(きんこ)が時速(じそく)100キロでぶつかるのと同(おな)じ破壊力(はかいりょく)があるのよ。

 ◇のの 弾丸(だんがん)が飛ぶ中(なか)にいるようなものだね。守(まも)る方法(ほうほう)はないの?

 ◆先生 宇宙ステーションは軌道(きどう)を変(か)えることで、年(ねん)に何回(なんかい)か大(おお)きなゴミを避(さ)けているのよ。

 ◇のの ゴミを減(へ)らせないの。

 ◆先生 ゴミ取(と)り専用(せんよう)の衛星を打(う)ち上(あ)げて、ロケットの機体(きたい)など大きなゴミにひもを付(つ)け、地上に落(お)とすという方法が考(かんが)えられているわ。

 ◇のの ひもで、なぜ落ちるの?

 ◆先生 電気(でんき)が流れるひもなのよ。地球の磁力(じりょく)とひもの電流(でんりゅう)が作用(さよう)すると「ローレンツ力(りょく)」という力(ちから)が生(う)まれるの。この力は、ゴミが飛ぶ方向(ほうこう)と逆(ぎゃく)に働(はたら)くので、ブレーキがかかるのよ。ゴミは次第(しだい)に高度(こうど)を下(さ)げ、空気中(くうきちゅう)で燃えてしまうというわけ。

 ◇のの 宇宙船に積んで、全部(ぜんぶ)持(も)って帰(かえ)るよりも楽(らく)そうだ。

 ◆先生 地上や宇宙船からレーザーを当(あ)て、その力でゴミを押(お)し上(あ)げたり、速度(そくど)を落としたりする方法も研究(けんきゅう)されているわ。

 ◇のの 逆に上げるの?

 ◆先生 衛星やゴミがない高(たか)さまで押し上げてしまえれば、衝突(しょうとつ)しなくなるから、これ以上、ゴミを増やさなくても済(す)むのよ。

 ◇のの ゴミは出さないに限(かぎ)るね。

 ◆先生 人が行(い)かない場所(ばしょ)ほど、ゴミは残(のこ)しちゃダメよ。ののちゃんも、遠足(えんそく)や高い山(やま)に登(のぼ)る時(とき)は肝(きも)に銘(めい)じてね。

 (取材協力=河本聡美・宇宙航空研究開発機構スペースデブリユニット主任研究員、構成=波多野陽)

ポイント学習ページへ ワークシートへ

バックナンバー

過去記事一覧

NIE 教育に新聞を

 新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。ご感想・お問い合わせなどは、NIE事務局(ファクス03・5540・7469)まで。