現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
NIE 教育に新聞を >
ののちゃんのDO科学 >
記事

インクジェットはがきって?

■福岡県・森永佐和子(もりながさわこ)さん(53)からの質問(朝日新聞社発行 2013年12月07日付be)

印刷

拡大クリックすると拡大します

 ◇ののちゃん  お父さんのおつかいで年賀(ねんが)はがきを買(か)って来たよ。「インクジェット紙」って書いてあるのを頼(たの)まれたけど、普通(ふつう)の年賀はがきとどう違(ちが)うの?

 ◆藤原先生 あ〜、年賀状(じょう)はまだ考えたくなかった! でも片(かた)づけとかないと年越(としこ)しのお酒(さけ)がマズいし、しょうがない。では「インクジェットはがき」だけど、普通のはがきより写真(しゃしん)などをきれいに印刷(いんさつ)できるの。

 ◇のの 「インクジェット」って?

 ◆先生 家庭(かてい)で一番よく使われているプリンターの印刷方法のこと。インクの細(こま)かな滴(しずく)を紙に吹(ふ)きつけて印刷するの。でも、普通のはがきに写真などを印刷すると少しくすんでボンヤリした感(かん)じになってしまうの。

 ◇のの だけど、買って来たはがきと、ふだん使う普通のはがきでは、紙の見かけとか手触(ざわ)りとか、違いがわからなかったよ。

 ◆先生 インクジェットはがきの表面(ひょうめん)には、厚(あつ)さが100分の1ミリもない薄(うす)い膜(まく)をかぶせてあるの。その膜にはシリカ、つまり二酸化ケイ素(にさんかけいそ)の粒(つぶ)が含(ふく)まれていて、粒にはとても小さな穴(あな)がたくさん開いてるの。

 ◇のの スポンジみたい。そこに印刷すると、どういうことになるの?

 ◆先生 プリンターから吹(ふ)きつけられたインクの細かな滴が、粒にある無数(むすう)の穴にすっと吸(す)われるので、にじまず、ぼやけないのよ。

 ◇のの くっきり印刷できるんだ。

 ◆先生 そのうえ、粒を含んだ膜にインクがとどまり、紙の繊維(せんい)の奥(おく)にしみ込(こ)んでしまう分が少なくなるから、色がしっかり出るしね。ただしプリンターの側(がわ)もインクジェットはがき用の設定(せってい)にして印刷してね。

 ◇のの 私、お父さんに宛名(あてな)も印刷してもらっちゃうの。楽(らく)ちんだよ。

 ◆先生 そのとき間違(まちが)えやすいのは、宛名の面は膜をかぶせてない普通の紙だってこと。インクジェットはがき用の設定は、写真や絵の印刷の出来(でき)ばえを優先(ゆうせん)しているので、文字だけ書かれる宛名面の印刷にはちょっと不向(ふむ)きなの。

 ◇のの お父さんに念押(ねんお)ししとく。

 ◆先生 印刷した後で、手書きで言葉(ことば)を書き加(くわ)えているかな?

 ◇のの そりゃあ“大量生産(たいりょうせいさん)”した年賀状をそのまま送るんじゃちょっとね。毎年(まいねん)、一言(ひとこと)は書いてるよ。

 ◆先生 筆記具(ひっきぐ)は何を使ってる?

 ◇のの 私は鉛筆(えんぴつ)で、お父さんやお母さんはペンだよ。

 ◆先生 HB(エイチビー)より硬(かた)い芯(しん)の鉛筆やシャープペン、万年筆(まんねんひつ)は避(さ)けてね。硬い芯やとがった芯、万年筆のペン先は、はがき表面の膜を引っかいて書きにくかったり、書きくずが出たりするから。それに万年筆だと膜がインクを吸い過(す)ぎてにじむしね。

 ◇のの わかった。後はさっさと書くことだよね、先生。

  (取材協力=日本製紙・総合研究所の吉田正さん、久津輪幸二さん、情報用紙部の結城武士さん、日本郵便、構成=武居克明)

ポイント学習ページへ ワークシートへ

バックナンバー

過去記事一覧

NIE 教育に新聞を

 新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。ご感想・お問い合わせなどは、NIE事務局(ファクス03・5540・7469)まで。