朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

l 印刷印刷 l記事 l 学習のポイント l ワークシート(PDF) l ののちゃんのDO科学トップへ l




ののちゃんのDO科学

 抗菌シートの仕組みは? ★学習のポイント★
  福井県坂井市立三国中学校・月僧秀弥
 (朝日新聞社発行 2014年4月12日付be)


 抗菌や除菌という言葉が一般的に使われる言葉になりました。CMなどでも抗菌を売りにした製品が多くみられます。抗菌にはいろいろな方法がありますが、その1つが紹介されていましたね。

学習のポイント

 (1) ワサビやカラシは薬味といわれ、お刺身やおでんを食べる時になくてはならないと感じる人もいるのではないかと思います。薬味はなぜ入れているのでしょうか。また、ワサビやカラシ以外にはどんな薬味があるのでしょうか。薬味について調べてみましょう。

 薬味にはワサビやカラシ以外にも、サンショウやショウガ、ネギ、ユズなどいろいろな薬味があります。薬味には今回紹介された殺菌や抗菌などの役割以外にも、食欲増進や消化を助けるなどいろいろな役割があります。薬味の種類によってその役割はいろいろです。ワサビやカラシ以外にもサンショウやショウガには抗菌作用がありますが、ネギやユズには抗菌作用はありません。薬味と一緒に食べるのは、安全に食べたり、おいしく食べたりするための昔の人の知恵を感じますね。

 【参考URL】 http://yakuminochikara.com/

 (2) 抗菌や除菌、殺菌、滅菌などいろいろな菌を減らすための言葉がいろいろ使われています。それだけ、菌を減らしたいと思っているのでしょう。これらの言葉は似ている言葉ですが、違う意味の言葉を持ちます。意味の違いを調べてみましょう。

 殺菌には菌を殺すという意味があります。アルコールを使った殺菌や塩素系の消毒剤などが使われます。抗菌や除菌は菌を死滅させることではなく、菌をそれ以上増やさせないという意味になります。食品の場合には殺菌するような強い薬品は使うことが出来ないので、抗菌シートが使われています。

 (3) 「抗菌」と書かれた製品は探してみるとたくさんあることに気付きます。身近にある抗菌の製品を探してみましょう。

 最近ではボールペンやトイレの便座など直接皮膚につくものに抗菌技術が使われることが多いようです。手すりになど建物の一部に使われることもあります。また、まな板など食品に関わるものや洗剤にも抗菌と書かれているものがあります。身近なところでたくさんの抗菌製品が使われています。

 (4) ポールペンからワサビやカラシのにおいがすることはありません。では、ポールペンはどのように抗菌しているのでしょうか。ワサビやカラシを使う以外の抗菌の方法を調べてみましょう。

 抗菌の方法は、それぞれの製品によって違っています。ボールペンでは、その表面に光触媒である酸化チタンを塗る方法や抗菌作用がある銀を混ぜている製品もあります。プラスチックに茶殻を混ぜ込み、抗菌している製品もあるようです。これらの方法は、その素材そのものに抗菌作用を持たせているため、表面が汚れていなければその抗菌作用は長く続きます。

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。