朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

l 印刷印刷 l記事 l 学習のポイント l ワークシート(PDF) l ののちゃんのDO科学トップへ l




ののちゃんのDO科学

 冷蔵庫はなぜ冷える? ★学習のポイント★
  信州大学教授・小山茂喜
 (朝日新聞社発行 2014年5月10日付be)


1 学習のポイント

 1960年代の高度成長期には、テレビ・洗濯機・冷蔵庫が三種の神器と呼ばれ、それら家電が家にあることがあこがれでした。今ではそれら家電は家にあるのが当たり前の生活になりましたが、みなさんの生活の中から、冷蔵庫が消えてしまったらどうなるのでしょう。そんなこと考えたことありますか?

 冷蔵庫のしくみを知ることもおもしろいですが、冷蔵庫がなかった時代の生活などを調べてみることも、別の意味でおもしろいと思います。

2 学習シートの活用法

 (1)液体になる「ガス」の正体は

 冷蔵庫のしくみは「気化熱」がキーワードのようですね。冷蔵庫では、気化熱を生み出すものとしてガスが使われているというのですが、そのガスの正体について調べてみましょう。

 また、冷蔵庫に使われるガスにも、歴史があるようです。ちょっと難しいかもしれないけれど、使われるガスの歴史についても調べてみましょう。

 (2)圧縮のひみつをさぐろう

 気体が液体になるとも紙面では説明されていますが、よく読んでみるとその現象のキーワードはどうも圧縮のようですね。

 コンプレッサーで気体を圧縮すると液体になるというのですが、そのしくみをくわしく調べてみましょう。

 また、冷蔵庫で使われているガス以外の気体で、液体として使われているものがあるかも、調べてみましょう。

 (3)冷蔵庫をさわってみよう

 以前の冷蔵庫では、紙面にある放熱器が背面についていましたが、最近のものはすっきりしていて放熱器を見ることができません。

 では、どこに放熱器はどこに行ってしまったのでしようか?

 答えは、冷蔵庫の側面などをさわってみるとわかります。

 (4)冷蔵庫の歴史を調べみよう

 私たちは冷蔵庫というと、家庭にある電気冷蔵庫を連想しますが、歴史を調べてみると、自然の力を利用した冷蔵庫など、電気冷蔵庫以外の冷蔵庫もあるようです。

 事典などで調べてみると、こんな工夫をしていたんだと「おどろき」を発見することができるかもしれません。

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。