朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

l 印刷印刷 l記事 l 学習のポイント l ワークシート(PDF) l ののちゃんのDO科学トップへ l




ののちゃんのDO科学

 地球の酸素はなくならないの?
 ★京都府・大石瑠莉(おおいしるり)さん(12)からの質問★
 (朝日新聞社発行 2014年6月7日付be)


 ◇ ののちゃん◇
 スー、ハー。スー、ハー。山(やま)の空気(くうき)はおいしいね。でも、みんなが息(いき)をしていたら地球(ちきゅう)から酸素(さんそ)が無(な)くなったりしないの?

 ◆ 藤原先生 ◆
 そうね。まず、酸素がどうやってできたか、前(まえ)に話(はな)したことを思(おも)い出(だ)してみましょう。

 ◇ のの ◇  確(たし)か植物(しょくぶつ)が作(つく)ったような。

 ◆ 先生 ◆
 よく覚(おぼ)えていたわね。地球ができた45億年前(おくねんまえ)の空気は、ほとんどが二酸化炭素(にさんかたんそ)と窒素(ちっそ)でできていて、酸素はなかったの。それが遅(おそ)くとも27億年前に、シアノバクテリアという単細胞生物(たんさいぼうせいぶつ)が出(で)てきて、太陽光(たいようこう)のエネルギーを使(つか)って、二酸化炭素と水(みず)から自分(じぶん)で生(い)きるのに必要(ひつよう)な養分(ようぶん)を作って、いらない酸素を吐(は)き出し始(はじ)めたのよ。

 ◇ のの ◇  光合成(こうごうせい)、だね。

 ◆ 先生 ◆
 その通(とお)り。光合成をする植物が増(ふ)えたので、酸素がどんどんたまったの。酸素は今(いま)の空気の約(やく)21%をしめているけれど、ほぼすべてが光合成で作られたのよ。

 ◇ のの ◇
 人間(にんげん)はどんどん増えているし、他(ほか)にも酸素を吸(す)って生きる生物がたくさんいるよ。

 ◆ 先生 ◆
 確かに人〈ひと〉や動物(どうぶつ)は、呼吸(こきゅう)で酸素を使い二酸化炭素を吐き出しているわ。でもその分(ぶん)、植物がまた光合成で二酸化炭素から酸素を作ってくれるの。自然(しぜん)の状態(じょうたい)では差(さ)し引(ひ)きゼロでバランスが取(と)れているのよ。

 ◇ のの ◇ そうなのか。

 ◆ 先生 ◆
 ただし最近(さいきん)は、そのバランスが崩(くず)れているの。沖縄(おきなわ)の波照間(はてるま)島(じま)での調査(ちょうさ)では、酸素は空気全体(ぜんたい)から年に0・0004%ずつ少(すく)なくなっているのよ。

 ◇ のの ◇ え? どうして。

 ◆ 先生 ◆
 人が、ものを燃(も)やすからよ。特(とく)に石炭(せきたん)や石油(せきゆ)、天然(てんねん)ガスなどの化石燃料(かせきねんりょう)を燃やすと、自然のバランス以上(いじょう)に酸素が使われて、光合成では補充(ほじゅう)されないの。

 ◇ のの ◇  それじゃ、息ができなくなっちゃうよ!

 ◆ 先生 ◆
 落(お)ち着(つ)いて。酸素は減(へ)っているけど、今ある量(りょう)に比(くら)べたらほんの少(すこ)し。この調子(ちょうし)で減ったとしても全部(ぜんぶ)なくなるには5万(まん)年以上かかる計算(けいさん)よ。それに、酸素を減らす原因(げんいん)の化石燃料は多(おお)く見積(みつ)もっても数百(すうひゃく)年分しかないわ。

 ◇ のの ◇  安心(あんしん)した。

 ◆ 先生 ◆
 心配(しんぱい)なのは、化石燃料を燃やしたときに二酸化炭素が増えることよ。二酸化炭素の濃度(のうど)は、石炭を大量(たいりょう)に使い始めた産業革命(さんぎょうかくめい)までは約0・028%だったけれど、急速(きゅうそく)に増えて今は0・04%になっているわ。元々(もともと)量が少ないから、少し増えるだけで大(おお)きな影響(えいきょう)があるの。

 ◇ のの ◇  地球温暖化(おんだんか)でしょ。

 ◆ 先生 ◆
 そうよ。地球に届(とど)く太陽の熱(ねつ)を蓄(たくわ)えやすくして温室(おんしつ)のように気温(きおん)を上(あ)げる効果(こうか)があるの。これを止(と)めるには、化石燃料をなるべく使わず、緑(みどり)を大切(たいせつ)にすることが必要(ひつよう)ね。

  (取材協力=池内昌彦・東京大教授、遠嶋康徳・国立環境研究所主席研究員、構成=香取啓介)

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。