朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  ののちゃんのDO科学トップへ  




ののちゃんのDO科学

 ビールの苦みってなに? ★学習のポイント★
  練馬区立大泉学園緑小学校・緒方康重
 (朝日新聞社発行 2015年1月31日付be)


 ののちゃんは今回お酒のなかのビールについていろいろ藤原先生に質問していますね。先生はビールは「あの苦みがいい」と話されています。みなさんはやはり苦いのは苦手ですか。
今回はこの「苦み」から調べてみましょう。

●学習のポイント

 (1)舌のどこで味覚を感じるのでしょう。
 皆さんはどう感じていますか。ちょっと前まで舌の味を感じる場所が決まっていると考えられていましたが、最近は違うようです。ではどんな仕組みなのでしょう。調べてみましょう。

 参考 百珈園のホームページ
 https://sites.google.com/site/coffeetambe/coffeescience/physiology/taste/principle

 (2)大人の味
 藤原先生はビールの材料ホップにはいろいろな味や苦みがふくまれていると話されています。赤ちゃんは生まれてすぐでも甘いものはおいしいと感じるそうです。では人は苦みをおいしいと感じるのはどんな時期からでしょうか。

 参考 長野美根先生のページ「カラダを支える野菜&果物の話」
 https://www.dole.co.jp/5aday/about/column/column_139.html

 (3)ホップの効能
 ホップの働きでビールの泡が消えにくくなることは藤原先生のお話の通りです。でもまだまだホップには健康に役立つ効き目がありそうです。どんなものがあるのでしょう。

 参考 株式会社わかさ生活のホームページ
 http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/hop/

 (4)ホップの種類
 藤原先生は「ホップは日本でも栽培されている」と話されていますね。ではいつ頃から栽培が始まったのでしょう。ホップの歴史はどうなっているのでしょう。

 参考 サッポロビール株式会社のページ
 http://www.sapporobeer.jp/story/1872/

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。