朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  ののちゃんのDO科学トップへ  




ののちゃんのDO科学

 消せるボールペンの仕組みは? ★学習のポイント★
  大阪市立昭和中学校・植田恭子
 (朝日新聞社発行 2015年3月28日付be)


●学習のポイント

 新学期がスタートしました。新しい筆記具を使って、手帳の真っ白なページに予定を記すと気持ちが引き締まりますね。科学技術の進歩とともに筆記具もどんどん進化し、画期的な製品がたくさん発売されています。今回は「消せるボールペン」から筆記具について、DO科学していきましょう。

 ① 「消せるボールペン」の歴史

 「消せるボールペン」の歴史は、1975年、温度変化で色が変わる「メタモインキ」の開発に成功したことに始まります。メタモカラーの原理、メタモカラーの最大の特徴、開発の歴史について調べてみましょう。
 また、メタモインキの開発からどのように「消えるノールペン」が生まれてきたのかについて、発明のプロセスについても、文具メーカーのWebページを参考にして、まとめてみましょう。
 「消せるボールペン」の仕組みについて、記事をしっかり読んで説明文に書き換えてみましょう。図表に、図1・2・3と番号をつけ、図を活用して、説明するといいですね。

 ② いろいろな筆記具

 小関智弘『道具にヒミツあり』(岩波ジュニア新書)には、ボールペンの歴史、正確な球のつくり方などが書かれており、道具とつくる人たちの素顔を垣間見ることが出来ます。
 私たちの身のまわりには、いろいろな筆記具があります。大きなペンケースにお気に入りのペンを入れて、用途に応じて上手に使いこなしている人が、たくさんいますね。ボールペンにも「消せるボールペン」をはじめ「油性ボールペン」「ゲルインキボールペン」「水性ボールペン」などさまざまあります。
 鉛筆、シャープペンシル、万年筆、サインペンなどいろいろな筆記具について比べてみましょう。それぞれの特長としくみについて調べ、比較して一覧表を作成してみましょう。

 ③ 筆記具の発明

 「弘法も筆の誤り」「弘法筆を択ばず」と言われている「弘法」は、三筆のひとりである弘法大師、空海のことです。今年は高野山開創1200年。空海の素晴らしい書を目にする機会もあるかもしれませんね。「弘法筆を択(えら)ばず」と言われていますが、実はその逆で筆を択んだのだそうです。
 4月18日は発明の日です。シャープペンシルは19世紀のイギリスで発明されました。イギリスで発明されたものはセルロイド製であったため、実用的ではなかったそうです。そこで、現在のシャープ創業者の早川徳次氏が、現在のシャープペンシルの原型を発明しました。シャープという社名はシャープペンシルに由来するそうです。筆記具の歴史とともに、さまざまな逸話について調べてみるのも楽しいですよ。「シャープペンシルの歴史」で調べると、いろいろなことが分かります。

http://www.kubobun.com/mame/kuridasi.htm
http://pencil-labo.com/html/02mechanicalpencil.html

 ④ 筆記具の未来

 ICT化が進む中で、これからの筆記具はどうなっていくのでしょうか。
 みんなで意見を出し合い考えてみましょう。
 ペーパレス化といわれる一方、さまざまな筆記具が開発され、画期的な製品が次々生み出され、登場しています。文具メーカーではかなりの数の研究員が、日々開発に取り組んでいるそうです。
 使い手の立場から、こんな筆記具があればいいな。便利だなという提案をしてみましょう。「消せるボールペン」を悪用した不正もあるようです。便利な道具もいかに有効に活用できるか使い手の問題ですね。

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。