朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  ののちゃんのDO科学トップへ  




ののちゃんのDO科学

 ダイオウイカって食べられる? ★学習のポイント★
  東京都練馬区立大泉西小学校・緒方康重
 (朝日新聞社発行 2015年7月18日付be)


 今回はダイオウイカの話でしたね。生きている姿はほとんど見かけず、たいていは死んだ姿が目撃されているようです。普段深い海ですんでいるためなのでしょう。このダイオウイカが子どものときは浅い海で生活していることは驚きでした。今回はダイオウイカについて調べてみましょう。
 

●学習のポイント

 (1)「深海」ってどんなところ

 ダイオウイカがすんでいる深い海〈深海〉はどのような世界なのでしょう。
皆さんはどう考えますか。
<参考>
 「国際海洋環境情報センター(GODAC)」のページ
  http://www.godac.jp/education/deepsea.html

 (2)ダイオウイカの大きさは

 藤原先生がダイオウイカは成長すると10メートルぐらいになると話されていますね。
世界や日本で見つかった大きなイカはどのくらいの大きさなのでしょう。調べてみましょう。
<参考>
 「全国いか加工業協同組合」のページ
  http://www.zen-ika.com/ikaQA50/index.html#Q08

 (3)アンモニアの除去

 深海イカのアメリカオオアカイカはアンモニアを取り除きうまく加工されて食べられているようです。どんな方法でアンモニアを取り除いているのでしょうか。
<参考>
 「中央水産試験場 加工利用部」のページ
  http://www.fishexp.hro.or.jp/marineinfo/process/sakiika/sakiika.HTM

 (4)天敵

 ダイオウイカが深い海にすむのは「敵を避けているため」だと藤原先生が教えてくれました。
ではダイオウイカのような大きな体のイカの敵はいったいどんな動物なのでしょう。
<参考>
 「さかなクンの深海ギョギョ!」のページ
  https://www.jamstec.go.jp/j/kids/gyogyo/daiouika/

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。