朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  ののちゃんのDO科学トップへ  




ののちゃんのDO科学

 みそ汁は沸騰させちゃダメ? ★学習のポイント★
  信州大学教授・小山茂喜
 (朝日新聞社発行 2016年6月25日付be)


 みそ汁は、和食の代表で日本の食卓には欠かせない料理。「おふくろの味」といわれるように、香りや味にはそれぞれの家庭が持つ独自性があります。また、「みそ」は、日本の代表的な発酵食品でもあります。そんなみそ汁について、いろいろな視点で調べてみましょう。

 ◎学習のポイント◎

 (1)みそ汁の歴史を調べてみよう。

 まず、いつごろから「みそ」が作られているのかを、そして、どのように食されていたのかを調べてみましょう。次に、みそ汁がいつ頃から食されているのかを、調べてみましょう。時代によって、みそ汁の「具」に違いがあるのかも、調べみるとおもしろいと思います。

 (2)みその種類を調べてみよう。

 原料によって、「みそ」にちがいがあります。どのような種類があるのかを調べてみましょう。また、みそを使った料理も調べてみましょう。できれば、調べたことをもとに、自分でみそを使った料理を作ってみましょう。みその種類と料理の相性なども、わかるかもしれません。原料がそろえば、家でみそを作ることもできるので、クックパッドなどで手作りみその作り方を調べて、みそづくりにチャレンジしてみるのもよいでしょう。

 (3)みその栄養を調べてみよう。

 江戸時代のことわざに、「医者に金を払うよりも、みそ屋に払え」というものがあります。みそを食べていれば、健康だというのです。健康パワーの源であるみその栄養や、みその効用について、くわしく調べてみましょう。

 (4)みその産地などを調べてみよう。

 みなさんの家にあるみそは、どこで作られたものか知っていますか?みそは日本の代表的な発酵食品ですから、日本全国で生産されていますが、ある県では全国で食べられているみその46%が生産されています。さて、それは何県でしょうか? 統計資料を調べるとすぐに答えが出るので、調べてみましょう。また、どうして一つの県で集中的に生産されているか、理由についても調べてみましょう。みそに限らず、毎日食べている食品が、どこで生産されたのかパッケージなどに書かれているので調べてみると、「へぇー」とおどろくこともたくさんあると思います。

  <参考>
  みそメーカー「マルコメ株式会社」
  http://www.marukome.co.jp/knowledge/miso/history/index.html
  「みそ健康づくり委員会」
  http://miso.or.jp/
  「全国味噌工業協同組合連合会」
  http://zenmi.jp/

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。