朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  ののちゃんのDO科学トップへ  




ののちゃんのDO科学

 台風(たいふう)の目(め)はなぜできるの?
 ★新潟県・五十嵐(いがらし)さらさん(小5)ほかからの質問★
 (朝日新聞社発行 2016年7月30日付be)


台風(たいふう)の目(め)ができる理由(りゆう)<グラフィック・下村佳絵>

 ■遠心力(えんしんりょく)で雲(くも)が押(お)し出(だ)されるの

 ◇ ののちゃん ◇
 台風(たいふう)にも目(め)があるって聞(き)いたよ。

 ◆ 藤原先生 ◆
 そうね、中心付近(ちゅうしんふきん)で風(かぜ)が弱(よわ)く雲(くも)の少(すく)ないところね。人工衛星(じんこうえいせい)などで上(うえ)から見(み)ると、台風の大(おお)きな雲の塊(かたまり)の中(なか)に穴(あな)が開(あ)いていて、目玉(めだま)のように見えることがあるわね。

 ◇ のの ◇ どうしてできるの?

 ◆ 先生 ◆
 台風は、水温(すいおん)の高(たか)い海(うみ)の上で、水蒸気(すいじょうき)を含(ふく)む空気(くうき)が上昇(じょうしょう)することで、強(つよ)い風が中心に向(む)かって吹(ふ)き込(こ)み、地球(ちきゅう)の自転(じてん)で生(しょう)じる力(ちから)で渦(うず)を巻(ま)くの。水蒸気を含む上昇気流(きりゅう)が雲を作(つく)るから、気流が続(つづ)くと次々(つぎつぎ)と雲ができて台風は発達(はったつ)し、大きいと直径(ちょっけい)1千キロ程度(ていど)の雲の渦になるのよ。

 ◇ のの ◇ へえ。

 ◆ 先生 ◆
 中心付近では、時速(じそく)100キロ(秒速〈びょうそく〉約〈やく〉28メートル)を超(こ)えるような風が渦を巻くの。だから、風や雲も遠心力(えんしんりょく)で中心から押(お)し出(だ)される部分(ぶぶん)ができるのね。これが台風の目。大きいと、直径で100キロくらいになることがあるそうよ。

 ◇ のの ◇ すごい大きさだね。

 ◆ 先生 ◆
 大きな台風の方が大きな目を作る傾向(けいこう)があるけど、注意(ちゅうい)すべきは、目がぱっちりしているかどうかね。台風の目は風が強い渦を巻いている時(とき)、つまり台風の勢(いきお)いが強い時にはっきりするの。だからそういう台風は強力で、より危(あぶ)ないのよ。

 ◇ のの ◇ 目は晴(は)れているんでしょ?

 ◆ 先生 ◆
 仮に台風の目に入って晴れたとしても、それは一時的(いちじてき)なもの。通(とお)り過(す)ぎればまた嵐(あらし)になるから安心(あんしん)してはダメよ。それから、目は晴れの場合(ばあい)もあるけど、多(おお)くは曇(くも)りや雨なんだって。高度(こうど)1千(せん)メートルくらいの低(ひく)い位置(いち)には雲ができるそうよ。台風の背(せ)の高さは、空気(くうき)が対流するギリギリの約1万(まん)5千メートル。目の中には雲の壁(かべ)に陰(かげ)ができるなどし、上から暗(くら)く雲がないように見えるの。本州接近時(ほんしゅうせっきんじ)に青空(あおぞら)が見えるのは、ほとんどが勢力(せいりょく)が弱(よわ)まり台風の雲の構造(こうぞう)が崩(くず)れた隙間(すきま)からなんだって。ちなみに目の中は、上昇後に行(い)き場(ば)を失(うしな)った空気が緩(ゆる)やかに下降(かこう)しているのよ。

 ◇ のの ◇ 台風の構造?

 ◆ 先生 ◆
 さっき言(い)ったように、台風は水蒸気を含んだ暖(あたた)かい上昇気流が原動力(げんどうりょく)で、まっすぐ立った軸(じく)に対称(たいしょう)な円盤(えんばん)のような形(かたち)をしているのね。これは台風や、その仲間(なかま)の熱帯低気圧(ねったいていきあつ)の特徴(とくちょう)なの。

 ◇ のの ◇ 台風までいかないものだ。

 ◆ 先生 ◆
 そうね。一方(いっぽう)で、日本付近によく現(あらわ)れる温帯(おんたい)低気圧は、暖かい空気と冷(つめ)たい空気の温度差(おんどさ)が原動力。前線(ぜんせん)と呼(よ)ばれる境目(さかいめ)で上昇気流が起き、それに沿(そ)って広く雲ができるの。例(たと)えば2千キロにもなるのよ。

 ◇ のの ◇ 台風より広いね。

 ◆ 先生 ◆
 そう。だから、台風が温帯低気圧に変化する時には、風の強い範囲(はんい)が急(きゅう)に広くなって、遠(とお)い地域(ちいき)にも被害(ひがい)を起(お)こすことがあるのよ。油断(ゆだん)しないようにね。

 (取材協力=気象庁予報課アジア太平洋気象防災センターの西村修司さん、構成=奥村輝)

        ◇

  NIE教育に新聞を
  www.asahi.com/edu/nie

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。