朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  ののちゃんのDO科学トップへ  




ののちゃんのDO科学

 人もペットフード食べられる? ★学習のポイント★
 大阪市立昭和中学校・植田恭子
 (朝日新聞社発行 2016年9月3日付be掲載)


 あなたは犬や猫を飼っていますか? 飼っていたらペットフードは身近な存在ですよね。毎月20日は「ペットフードの日」だそうです。20は2×10、2=「フ―」×10=「ド」だからだとか。今回は、ワンちゃんネコちゃんに欠かせないペットフードについてDO科学しましょう。

 ◎学習のポイント◎

(1)人間とペットの関係の歴史について調べてみましょう
 映画『ペット』は、飼い主が留守の間のペットたちの様子を描いています。ぺットの魅力たっぷりのユーモラスな作品です。かの有名な夏目漱石の小説「吾輩は猫である」のモデルは猫ですが、漱石自身は実は猫好きではなく、犬を飼っていたとか。人間とペットの関係は結構長い歴史があるようです。
 動物と人間の歴史に関する本を読んでみましょう。歴史年表を作成するとより理解が深まるでしょう。また、ペットフードの歴史も調べてみましょう。

<参考図書>
谷口研語著『犬の日本史―人間とともに歩んだ一万年の物語』(吉川弘文館)
江口保暢著『動物と人間の歴史』(築地書館)

 

(2)ペットフードの種類について調べてみましょう
 ペットフードといってもさまざまです。動物ごとの分類、成長段階に応じた分類、「主食」なのか「間食」なのかでも違ってきます。一般的な区分は、ドライ、ソフトドライ、セミドライ、ウェット缶詰などです。種類については、ペットフード協会のページに詳しい記述があります。
 また、実際にペットショップやスーパーなどで、どのような商品があるのか調べてみましょう。パッケージにはどんな工夫がなされているでしょうか。

<参考>
一般社団法人「ペットフード協会」
http://www.petfood.or.jp/knowledge/kind/index.html

 

(3)ペットフードの安全基準について調べてみましょう
 2007年は、ペットフードの安全性について大きな意味をもつ年です。この年の初頭、アメリカを中心に、犬や猫が大量死する事件が発生。原因は、ペットフードに使われていた輸入原料に、有害物質メラミンが含まれていたことでした。販売されていた多くの商品が、リコールされました。
 日本にも、アメリカでリコール対象とされたペットフードが輸入されていたため、ペットフードの安全性を高めるための法律ができました。
 ペットフードの安全性を確保するために、どのような基準が設けられているのか調べてみましょう。

<参考>
環境省「ペットフード安全法」
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/petfood/index.html

 

(4)ペットへの栄養の与え方について考えてみましょう
 人だけでなく、ペットも食事の栄養バランスが大事。でも、ののちゃんの記事に書いてあるとおり、ペットに人間と同じ食事を与えると塩分や糖分の撮りすぎになり健康を害してしまいます。犬や猫は食べ物を選べないので、飼い主がきちんと考えて与えてやる必要があります。
 では、どのようなペットフードを選べばよいのでしょうか。犬や猫など動物によっても違うし、同じ動物でも種類や成長段階によって違ってくるでしょう。
 ペットフードはペットの健康問題にもつながります。人間の高齢化と同様、ペットの高齢化も進んでいます。ペットの栄養と健康について、飼い主は責任を持ってしっかり管理していかなければなりません。

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。