朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  ののちゃんのDO科学トップへ  




ののちゃんのDO科学

 ヨーグルト、なぜふたに付かない?  ★学習のポイント★
 岡山県立岡山城東高等学校・畝岡睦実
 (朝日新聞社発行 2016年10月15日付be掲載)


 ののちゃんの大好きなヨーグルトには、乳酸菌がたっぷり。ヨーグルトを食べると、それらが善玉菌として働き、腸内環境を整えてくれます。風邪をひきにくくなり、花粉症などアレルギー症状も抑えられるそうです。便秘や肌荒れも改善するので、女性には特にお薦め。ヨーグルトには、乳牛、山羊、馬 、ラクダなどの乳が利用されています。いろいろな生き物の力に助けられて、私たちの健康維持ができているのですね。今回は、そのヨーグルトのふたにまつわる「バイオミミクリー」のお話。それでは、DO科学!

 ◎学習のポイント◎

(1)「バイオミミクリー(バイオミメティクス)」の研究について調べてみましょう
 何かを発明するとき、「自然はどうしているのか」と考えてみると良いそうです。「バイオミミクリー」とは自然に学ぶ技術のことです。実はヨーグルトのふたにだけでなく、身の回りのあちらこちらに使われています。自然の形態や構造、動きなどにアイデアを得て、材料科学、医学などの様々な分野に応用する「バイオミミクリー」研究の一端をのぞいてみましょう。

<参考>
国立科学博物館
http://www.kahaku.go.jp/userguide/hotnews/theme.php?id=0001279241701232&p=2
クローズアップ現代「生物に学ぶイノベーション~生物模倣技術の挑戦~」
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3373/index.html

 

(2)新幹線や粘着テープに用いられている「バイオミミクリー」について調べてみましょう
 JR西日本の技術者たちは、新幹線がトンネルを通過するたびに起こる衝撃音をなくす方法を探すうちに、水に飛び込む際に水しぶきを上げないカワセミのくちばしを参考にすることを思い立ちました。また、騒音削減のために、新幹線のパンダグラフにつけているギザギザは、フクロウの羽根をまねたものです。記事にある新幹線や粘着テープに用いられている「バイオミミクリー」について調べてみましょう。

<参考>
形態・構造をまねる ― ふくろう・カワセミに学ぶ
http://www.japanfs.org/ja/projects/biomimicry/biomimicry_id033299.html
天井を走り回るヤモリの秘密
http://nature-sr.com/index.php?Page=11&Item=58

 

(3)身の回りの「バイオミミクリー」を探してみましょう
 昆虫の羽をまねた撥水性の高い塗料、トンボの羽をまねた風力発電のプロペラ、蚊の口吻(こうふん)をまねた痛くない注射針、カタツムリの殻をまねた汚れにくいタイルなど、「バイオミミクリー」はたくさん生かされています。新幹線や粘着テープのほかに、私たちの身の回りには、どのような「バイオミミクリー」があるのでしょうか。調べてみましょう。

<参考>
Kids環境ECOワード「バイオミミクリー」ってな~に?
http://www.eco-word.jp/html/01_seitaikei/se-28.html
下村政嗣編著『トコトンやさしいバイオミメティクスの本』(日刊工業新聞社)
石田英輝監修『すごい自然図鑑』(PHP研究所)

 

(4)研究者は、「生き物」をどのように受け止めているのでしょうか
 昆虫や魚はどうやって音をキャッチしているのでしょう。哺乳類であっても水の中で暮らし、かなり深くまで潜るクジラは、水圧の影響を受けないように聴覚器官は体内にあり、下あごの骨で水の振動を捉えています。

<参考>
大村智著『自然が答えを持っている』(潮出版社)
金子康子・日比野拓著『ぼくらは「生物学」のおかげで生きている』(実務教育出版)
稲垣栄洋著『植物はなぜ動かないのか』(ちくまプリマー新書)

 どの研究者の言葉にも、自然の力を借りて私たち人間は生きているのだという真摯(しんし)な姿勢を感じることができます。動植物は長い歴史の中で優れた生命の仕組みを培(つちか)っています。私たちはそのことに敬意を払い、ともに豊かに生きていくことが大切なのですね。

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。