朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

 印刷印刷  l  記事  l  学習のポイント  l  ワークシート(PDF) l  ののちゃんのDO科学トップへ  




ののちゃんのDO科学

 PM2.5はどう予測するの? ★学習のポイント★
 聖心女子学院初等科・岸尾祐二
 (朝日新聞社発行 2017年1月28日付be掲載)


 PM2.5は新しい公害なのか

 今回の小学2年生の質問、とてもいいですね。1954年生まれの私にとって、数年前にPM2.5という言葉が世の中に出てきたときにはあまり関心を持てませんでした。子どもの時に大気や水の汚染、いわゆる公害が当たり前の時代に育った私には大したものではないという感覚がありました。それは間違いでした。環境を大切にしている現代だからこそ、PM2.5のような微小粒子状物質の影響に目を向けなくてはいけないのではないでしょうか。中国からの影響の指摘もあります。

<参考>
環境省「微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報」
http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html

 

 ◎学習のポイント◎

(1)PM2.5の予報はどうしているのでしょうか
 最近、天気予報でもPM2.5の予報をしていることがあります。見たことがあるでしょうか。私は「テレビ朝日」の朝の天気予報(午前7時まで)でよく見ます。どのような予報なのかを見てみましょう。

<参考>
日本気象協会のホームページ「PM2.5分布予測」
http://www.tenki.jp/particulate_matter/

 

(2)PM2.5はどのような仕組みで発生するのでしょうか
 DO科学の「PM2.5はこうやって予測する」の図で予測の仕組みを理解しましょう。 「原因物質の出るところ」として、火山や工場、自動車が挙げられています。「原因物質の出るところ」からの汚染物質の量と、「作られ方や運ばれ方」にある光や風などの気象条件との組み合わせによって発生することが分かります。環境省やその他のホームページを参考にして原因を調べてみましょう。

 

(3)PM2.5は健康にどのような影響をもたらすのでしょうか
 藤原先生が「PM2.5はとても小さくて、肺の奥まで入りやすいと言われているの。お年寄りや子ども、呼吸器の病気がある人は注意する必要があるのよ」と言っています。私は大人になってから喘息(ぜんそく)の症状が出ました。水泳などスポーツで体をきたえ、今ではほとんど症状が出ませんが、注意しなくてはいけないと考えています。PM2.5の健康への影響を調べてみましょう。

<参考>
政府広報オンライン
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201303/5.html

 

(4)PM2.5に備えてどんな対策をとったらいいのでしょうか
 藤原先生が「PM2.5の濃度が高いときは、外出をひかえたり、マスクをしたりすることがオススメ。ただ、2000年ごろと比べて、現在のPM2.5の濃度は下がっているの。心配しすぎないでね」と言っています。一般の人の対策はやはりマスクでしょうか。春先は花粉症の症状も出るのでマスクを必要とする人は多いですね。実は私も花粉症に悩まされています。

<参考>
政府広報オンライン
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201303/5.html#anc06

 

 ◎発展学習◎

公害にはどんなものがあるのだろうか
 現代日本人の環境への意識は大きな変化をとげました。かつて四大公害病と言われた水俣病、新潟水俣病、イタイイタイ病、四日市ぜんそくの悲惨な状況を経て、環境保護の大切さを日本の多くの人々が共有することによって変化したものと考えられます。しかし、水俣病の被害者の認定をめぐって解決できていない問題などもあります。地球温暖化対策など環境問題は、今後も世界のすべての人々が考え続けなくてはならない課題です。
四大公害病とはどのようなものなのか、特に水俣病の原因と結果、今も残る課題について調べ考えてみましょう。

<参考>
公害病 ― Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E5%AE%B3%E7%97%85

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新着ニュース(随時更新)★

NIE事務局から


★ 新聞授業実践ワークブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社ではNIEの実践に向け、授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック改訂版」を発行しました。解説編の「新聞授業ガイドブック」とともにご希望の学校に無料で提供しています。【→詳しくはこちら】


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


語彙・読解力検定


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。