現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
NIE 教育に新聞を >
ののちゃんのDO科学 >
記事

植物のツルはなぜ巻く?

京都府・吉田(よしだ)さち子(こ)さん(41)からの質問(朝日新聞社発行 2013年1月19日付be)

印刷

写真

 ●強いねじれが原因のようね

 ◇ののちゃん 給食の黒豆(くろまめ)ごはん、満足(まんぞく)、満足。おせち料理(りょうり)のもおいしかったし、黒豆だーい好き!

 ◆藤原先生 先生はビールをお供(とも)に寝(ね)正月だったけど、そのおつまみの枝(えだ)豆も、黒豆も、正体(しょうたい)は大豆(だいず)で、祖先(そせん)をたどれば野生のツル豆なのよ。

 ◇のの 大豆にツルはないけど?

 ◆先生 中国などの大豆には、茎(くき)がツルになって何かに巻(ま)きつく品種(ひんしゅ)もあるのよ。体育(たいいく)でグラウンドを走るときと同じ回り方の、左回りで巻き上がるの。アサガオと同じだね。

 ◇のの 前に、アサガオのツルが宙(ちゅう)をさ迷(まよ)ってたので棒(ぼう)に巻きつけてあげたことがあるんだけど、自分でほどいて巻き直(なお)したのにはビックリ!

 ◆先生 たぶん右回りに巻きつけちゃったからよ。巻き方は種(しゅ)によってほぼ決まっていて、左回りが多く、右回りはフジなど少数派(は)みたいね。

 ◇のの 茎はふつうは巻かないのに、どうなるとツルに変身するの?

 ◆先生 おもしろい実験(じっけん)があるの。ツルとは縁(えん)がないはずのシロイヌナズナに、茎がねじれる突然変異(とつぜんへんい)を起(お)こさせたの。そうしたら、ねじれの強い株(かぶ)の中に、棒などに巻きついて伸(の)びるものが出てきたのよ。

 ◇のの 元は自分で立ってた植物が、ツルを巻いちゃったんだ。

 ◆先生 アサガオなどのツルも、やはりねじれてるの。「ねじれ」と「巻き」の間には深い関係(かんけい)があるみたい。ツルを巻く植物が進化してきた道筋(みちすじ)がうかがえそうだね。

 ◇のの アサガオは、庭(にわ)から2階(かい)までもスルスルと伸びるよ。

 ◆先生 そんな高さまで伸びるには、ふつうは体を支(ささ)える太い茎が必要(ひつよう)でしょ。そういう茎をつくりながら成長するには時間もかかるはずよ。でも、茎をツルに変えて他の物に巻きつけば、早く上に伸びて光をたっぷり浴(あ)びられるというわけね。

 ◇のの ウーン、うまい作戦(さくせん)だね。

 ◆先生 ところがフシギなことがあるの。細いガラスの筒(つつ)を立てて、その中でアサガオを育てると、巻きつく物がなくても筒の壁(かべ)に支えられて上に伸びていくの。でも1メートルほどで成長が止まっちゃう。そして、ツルの下の方から新しいツルが枝分かれして、改(あらた)めて伸び始めるの。

 ◇のの え、やり直し? 素直(すなお)にそのまま上に伸びていけばいいのに。

 ◆先生 効率(こうりつ)的に上に伸びる、という目的のための手段(しゅだん)が、他の物に巻きつくことだったはずなのに、アサガオは今や「巻けないと伸びられない」植物になっているようなの。

 ◇のの そういうのを「本末転倒(ほんまつてんとう)」って言うんだっけ?

 ◆先生 初めは生きるための手段だったのに、いつの間にかそれなしには生きられなくなるって、生物の進化ではありがちよ。それに、人の生き方でもね……なんか胸(むね)がうずく、またまたビ、ビール!

 (取材協力=新潟大・和田清俊教授、奈良先端大・橋本隆教授、北海道大・阿部純教授、構成=武居克明)

バックナンバー

過去記事一覧

NIE 教育に新聞を

 新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。ご感想・お問い合わせなどは、NIE事務局(ファクス03・5540・7469)まで。