現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
NIE 教育に新聞を >
ののちゃんのDO科学 >
記事

おならの音は、何で決まる?

兵庫県・福永章人(ふくながあきひと)さん(中2)からの質問(朝日新聞社発行 2013年2月2日付be)

印刷

写真

 ●ガスの量(りょう)と速(はや)さで決(き)まるのよ

 ◇ののちゃん うわ、おならしちゃった! 大きな音(おと)のおならは、くさくないって聞いたけどくさいよ。

 ◆藤原先生 音とにおいに、直接の関係(かんけい)はないの。音の大きさや高(たか)さの違(ちが)いは、ガスが出るスピードとガスの量(りょう)で決まるの。おなかに力を入れて勢(いきお)いよく出すと、大きな音がする。ゆっくり、そーっと出せば、「プスー」と、控(ひか)えめな音になるみたい。肛門が開きぎみだったら「ブオッ」と低(ひく)い音に、きゅっと締(し)めていれば「ピー」と高めの音になる。音がしないとくさいっていうけど、そうでもないのよ。

 ◇のの そもそも、おならのガスは何からできているの?

 ◆先生 大部分は、口からのみ込んだ空気なの。たとえば2リットルの水をのむと、4リットル近くの空気が胃(い)に入るの。大半は知らぬ間に口から出るけど、残(のこ)りは大腸(だいちょう)に向かい、空気に含(ふく)まれる酸素(さんそ)や、腸(ちょう)で吸収(きゅうしゅう)されない窒素などがおならとなって出るの。

 ◇のの どのくらい出るの?

 ◆先生 健康(けんこう)な大人で、1日平均(へいきん)10回、計700ミリリットルほどらしいわ。人前(ひとまえ)で長く話した後など、空気をいつもより多くのみこんだ後は増えるの。減らすには、のみこむ空気の量を減らし、ゲップをするなどして口から上手(じょうず)に出すことが大切。また食べてすぐ横になるとガスがたまり、おならは増えてしまうわよ。

 ◇のの 空気がおならに変わるんだ。でも、なんでくさいの?

 ◆先生 のみ込んだ空気からできるガスはくさくはないの。くさいのは、腸にいる腸内細菌(ちょうないさいきん)から生まれる硫化水素(りゅうかすいそ)といったイオウ系のガスのせい。1%ほど混じっているだけなんだけど、強烈(きょうれつ)なにおいよね。

 ◇のの においって変わるの?

 ◆先生 赤ちゃんのうんちやおならは、そうくさくないの。でも口からいろんな菌(きん)が入り、1歳になる前のころから、嫌気性(けんきせい)菌というくさい菌が腸にすみつくんだって。健康なら、年齢(ねんれい)にかかわらず菌のバランスが変わらないので、においも基本(きほん)的には変わらないらしいわ。

 ◇のの でも、食べた物や体調(たいちょう)によって違(ちが)う気がするんだけど。

 ◆先生 確(たし)かに、ニンニクなどを食べると、おならや吐(は)く息(いき)がくさくなるよね。でもそれは一時的なもの。これを食べるとおならがくさくならないとか、サプリメントなどで完全に、においを消すのは難しいわ。

 ◇のの でも、くさいのは嫌(いや)だよ。何かできることはないの?

 ◆先生 おなかに便(べん)をためないことね。便秘(ぴ)が続(つづ)いて大腸に便が停滞(ていたい)すると、くさいガスもたまってしまうから。適度(てきど)な運動をして、水分や食物繊維(せんい)をきちんととって便秘を解消(かいしょう)すれば、便やおならのにおいも軽くなる傾向(けいこう)があるの。手始めに、海藻(かいそう)やキノコなどの食物繊維を意識(いしき)して食べると、良さそうよ。

 (取材協力=大毛宏喜・広島大学教授、構成=辻外記子)

バックナンバー

過去記事一覧

NIE 教育に新聞を

 新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。ご感想・お問い合わせなどは、NIE事務局(ファクス03・5540・7469)まで。