現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
NIE 教育に新聞を >
ののちゃんのDO科学 >
記事

辛いと、なぜ汗が出る?

大阪府・戸田絢子(とだあやこ)さん(中3)からの質問(朝日新聞社発行 2013年6月22日付be)

印刷

写真

 ●実は、よくわかっていないの

 ◇ののちゃん 昨日(きのう)、隣(となり)のおばさんからキムチをもらって食べたよ。

 ◆藤原先生 先生もチゲ鍋(なべ)とか麻婆豆腐(まーぼーどうふ)とか、辛(から)い食べ物が大好き。

 ◇のの でも食べたら、顔(かお)から汗(あせ)がたくさん出てきて大変(たいへん)だったよ。

 ◆先生 ののちゃんには辛すぎたのかもね。

 ◇のの 辛いものを食べると、暑(あつ)くなくても、なぜ汗がでるの?

 ◆先生 その説明(せつめい)をする前(まえ)に、少(すこ)し汗の話(はなし)をしましょうか。汗は何でできているか知っているかな?

 ◇のの 体の中の水分(すいぶん)かな。

 ◆先生 その通り。汗の成分(せいぶん)の99%は、体内に含(ふく)まれる水分なの。ごくわずかに塩分(えんぶん)などのミネラル、たんぱく質(しつ)なども含まれているわ。

 ◇のの 汗は、どこから出てるの?

 ◆先生 目には見えないけど、皮膚(ひふ)には「汗腺(かんせん)」という小さな穴(あな)がたくさんあるの。汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の二つがあります。

 ◇のの 何だかかわいい名前だね。

 ◆先生 エクリン腺は全身(ぜんしん)に200万〜400万個ぐらいあると言われているの。アポクリン腺が多くあるのは、わきの下とかお尻(しり)の周(まわ)りなど。辛いものを食べたときに出る汗は、エクリン腺から出るのよ。

 ◇のの ふーん。そうなんだ。

 ◆先生 汗には三つの種類(しゅるい)があって、よく経験(けいけん)する暑いときに出る汗は、専門的(せんもんてき)には「温熱性発汗(おんねつせいはっかん)」と呼ぶの。汗が蒸発(じょうはつ)するときに周りから奪(うば)う気化熱(きかねつ)で、体温(たいおん)を下げているの。もう一つは「精神性(せいしんせい)発汗」。緊張(きんちょう)したときに、手や足に出る汗よ。

 ◇のの キムチで出た汗は?

 ◆先生 「味覚性(みかくせい)発汗」と言うの。唐辛子(とうがらし)や酢(す)など、辛みや酸味(さんみ)が強いものを食べたときに出るの。

 ◇のの どうして甘(あま)い物を食べたときには出ないのかなぁ。

 ◆先生 味覚性発汗は、舌で感じた刺激(しげき)が味覚神経(しんけい)ではなく、熱(あつ)さや痛(いた)みを感じる感覚(かんかく)神経を通じて脳(のう)に伝(つた)えられるからだ、と考(かんが)えられているわ。例(たと)えば、熱いお湯に触(さわ)ると同時(どうじ)に痛い感じもするでしょう。

 ◇のの 辛い食べ物は、確(たし)かにヒリヒリと痛い感じがするよね。

 ◆先生 その通り。ちなみに英語(えいご)では、熱いことも、辛いことも「ホット」と言うのよ。

 ◇のの でも、何で辛いものを食べると汗が出るんだろう?

 ◆先生 実はなぜ汗が出るのか、よくわかっていないの。味覚性発汗は、普通(ふつう)の生理現象(せいりげんしょう)で病気(びょうき)ではないので、医学(いがく)の研究対象(けんきゅうたいしょう)になってこなかったのね。ただ、顔と首(くび)にしか汗が出ないから、温熱性発汗とは違(ちが)う仕組(しく)みだと考えられているけど。

 ◇のの 辛いものをたくさん食べると、体も慣(な)れるのかな?

 ◆先生 それもわかっていないのよ。ただ辛いものを食べると汗がたくさん出る人は、辛いもの自体(じたい)を苦手(にがて)とする傾向(けいこう)があるようよ。

 (取材協力=田村直俊・埼玉医科大短期大学教授、構成=岡崎明子)

バックナンバー

過去記事一覧

NIE 教育に新聞を

 新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。ご感想・お問い合わせなどは、NIE事務局(ファクス03・5540・7469)まで。