現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
NIE 教育に新聞を >
ののちゃんのDO科学 >
学習のポイント

太陽は真空でなぜ燃える?

大阪市立昭和中学校・植田 恭子

印刷

 初日さす硯の海に波もなし  正岡子規

 年が改まった元日の日の出。「初光り」には特別な思いをもたれる方も多いのではないでしょうか。晴天に恵まれた今年は、東京スカイツリーをはじめとして、さまざまな場所からの「ご来光」がニュースになりました。

 今年の初日の出のように、明るい一年になりますように。

 (1)太陽の構造について調べよう。

 インフォグラフ「太陽が熱と光を出すしくみ」に太陽の構造が示されていますね。中心核や放射層、対流層について詳しく調べてみましょう。

 太陽について解明されていないことはどのようなことでしょうか。太陽の内部構造については諸説あるようです。太陽を特集した科学雑誌『Newton』2011年10月号などを読んでみましょう。

 (2)太陽系について調べよう。

 太陽系の位置や軌道について調べてみましょう。太陽系はどのような構成になっているのでしょうか。太陽系のはてはどうなっているのでしょう。

 太陽系の主要天体は、水星、金星、地球、火星……。すべてあげることができますか。かつては主要天体のひとつであった「冥王星」は準惑星に分類されています。2006年8月、国際天文学連合総会で定義された「惑星」の定義から、冥王星ははずれました。その経緯などについて調べてみましょう。

 (3)太陽にまつわる話を探そう。

 太陽に関係する神話や物語はたくさんあります。日本の神話や物語について調べてみましょう。

 日本各地で祀られている「天照大神」は、『古事記』『日本書紀』に登場します。学術的な文書では「アマテラス」と表記されます。文献によっても表記は違いますが、天照大神は日本神話に登場する太陽の神です。岩戸にひきこもっていた天照大神が岩戸の外に引っぱりだされる「岩戸開き」は、神楽などで演じられることもあります。

 現行の小学校の国語の教科書には、神話を題材にした「いなばの白うさぎ」なども掲載されています。『古事記』や『日本書紀』などを読んでみましょう。

 (4)人類と太陽のかかわりについて調べよう。

 太陽の観測は、古代から行われてきました。太陽からの光は、ものを乾かすことをはじめとして、太陽の傾きを利用した「日時計」などさまざま利用されてきました。

 太陽光発電は太陽のめぐみを活用した代表といえますね。そのしくみについて調べてみましょう。

 太陽光はめぐみだけでなく、マイナスの影響もあります。太陽光に含まれる紫外線が人体、目や肌へ及ぼす影響について調べてみましょう。

バックナンバー

過去記事一覧

NIE 教育に新聞を

 新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。ご感想・お問い合わせなどは、NIE事務局(ファクス03・5540・7469)まで。